燃える男の道


燃える男のデッキ構築その6

ゴブナイトという検索ワードでここにきておられる方が何人かいらっしゃるということなので作ります。

とはいえ、ゴブナイトというデッキは、根本的に、1ターン目のゴブリン3体からの奇襲隊という爆発力のあるアクションがその根幹にある以上、ゴブナイトのシステム、0マナアーティファクトからの《カルドーサの再誕》というものだけではその真価は発揮できません。
つまり、何がしかの強化とワンセットになって初めて、その展開力が活かされるということです。

ゴブナイトシステムで展開されるゴブリン3体は、すべてトークンであるということに私は注目しました。おそらく多くの人が注目していたでしょうが。



ということで構築に入ります。

キーカードはそれぞれ4枚。
まずは殴れる0マナアーティファクト、《メムナイト》。デッキ名にもなっているカードです。
そして《カルドーサの再誕》。

ここに加わるキーカード。《無形の美徳》です。全体強化だけでなく、防御も兼ね備えている点がいいですね。ここではあまり関係ありませんが。
そして追加の0マナアーティファクトの《キメラ的大群》。マナ余りからのプレイでも活躍してくれるのでメムナイト以上にいつ引いてもうれしいカードかもしれません。

これらを軸にデッキを構築します。
追加の全体除去に喊声持ちを積みます。《信号の邪魔者》を4枚。これはぬるい周りにはなりますが一応再誕のエサにもなります。
《刃砦の英雄》を2枚。重いので。トークンを展開するので美徳との相性は目を見張るものがあります。
さらに《月皇ミケウス》を2枚。

あとはデッキを構成するパーツの部分になります。
《深夜の出没》を4枚。数を展開する上に回避もちとこのデッキには嬉しいパーツです。
さらに再誕のサポートと、美徳との相性から《皮剥ぎの鞘》、《迫撃鞘》を各3枚。前者は再誕のエサとして優秀で、後者は除去になります。
あとは軽く、一応金属術も狙えるデッキなので《感電破》を2枚。
ここでおしゃれカード。2ターン目からの強化がメインなのにその役割を果たすカードが4枚じゃあこころもとないです。よって追加の美徳として《うろつく餌食の呪い》を2枚。強化カードだらけなので調整の末に抜ける枠かもしれませんね。除去を4にしてもいいのかも。

土地は、《断崖の避難所》を4枚、追加の全体強化で《激戦の戦域》を2枚山を7枚、平地を9枚できっちり60枚です。

正直ゴブナイトシステムは崩壊気味です。優秀なゴブリンが抜け、イニストラードでは援護も受けられないですしね。それでも2ターン目に殴れる生物を3体も生み出す爆発力は他の色では得られません。ぜひ使いこなしてもらいたいです。
[PR]
by moeru_otoko | 2011-12-05 22:56 | MTG構築

<< 闇の隆盛情報その2、イラスト      闇の隆盛1枚目 >>

燃える男の暑苦しい日常
by moeru_otoko
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧