燃える男の道


M13限定線点数表その1、白

今回もこの時期がやってまいりました。
プレリリースを目前に控えたこのタイミングで限定戦でどんなカードを使ったらいいのかお悩みの皆さんに少しでも参考にしていただけたらと思い、点数表を作っています。

今回は二種類の点数をつけていこうを思います。シールド点数表とドラフト点数表の二種類。
まぁなにぶん素人考えですので至らない点も多々ありますが、そこは平にご容赦を。

今回の点数表のポリシーは、重めのカードを高めに評価すること、タフネス高めの生物を高めに評価することです。
基本セットM13は、全体的にパワーが控えめセットとなっていますので、単体での性能が高い、少々重くても頼りになるカードが優先されそうです。
これはシールドほどその傾向が大きく、ドラフトだと緩和されると思います。まぁこのあたりは当たり前なんですけどね。
例外となるのは、怨恨と賛美の存在でしょうか。前者はパワーを2も上げ、さらに突破力をつける上に軽すぎるオーラですね。おまけに手札に帰ってくる。
後者は戦闘での損耗を抑えつつ確実に打点を上げる能力です。
これら二つは重め戦略とは正反対の軽さで攻めるデッキに仕上がると思います。どちらも軽い生物のほうに大きな恩恵を与えますしね。
これらが組み合わさったときは本当に絶望が見えることになるでしょう。賛美の後押しをもらった軽量生物がトランプルもって殴りかかるうえに必死に相打ちをとっても怨恨が自動で手札に戻るという悪夢。
ここでタフネスが重視されるという二つ目の点が重要になります。
賛美一つに怨恨だけで1/1がパワー4になる悪夢を見られるわけですが、それを逆に押さえ込めれば、相手は殴りかかれる生物は1体。高タフネスによって相手に別の攻め方を強要できるわけです。
というわけでタフネス5が一つの壁になるんじゃないかなと思います。
1/1を使い捨てる戦い方が一番きついと思われるので。

これはドラフトでより意識される点だと思われます。シールドではそうそうアンコモンの特定のオーラと賛美がかみ合うことはないと思いたいね。249枚もカードがあるんだし。基本土地入れたら。
一番いいのは怨恨を握って賛美生物を集める緑白、ないし除去込みで緑黒ラインだと思いますが、その部分を握れない場合の次善策としては高タフネスの壁からのアドバンテージカード連打かなぁと。
今回は赤がコモン、アンコモンともに生物のパワーがあまり高くなく、これといって目立ったシステムもないので少し不人気かと考えられますが、その分集めやすいかもしれないので、最初から火力を一心不乱に集めてからそこそこましな生物を狙う手もありますかね。
一番の問題は火力がほとんどシングルシンボルばかりでまわりに啄ばまれる可能性が大であること。
素直に緑なり白なりを集めて赤はタッチにするべきかも。
青はドローこそ貧弱なものの、タップバウンスとテンポに優れ、軽く優秀なフライヤー、擬似除去もあり、レア以上のパワーが神話エンチャント以外非常に高くなっているのでかなり戦えるでしょう。

ではまず白のほうから点数表を付けていくとしましょう。
点数は、上シールド、下ドラフトで付けていきます。



c0082962_1121571.png

9点
9,5点
タフなPWであり、色の戦略ともかみ合う。序盤の補強、中盤のフィニッシュからさらに後半援軍まで呼べると至れり尽くせり。
いきなり小マイナスで奇襲するのもよし。

c0082962_1122390.png

6,5点
7点
ダブルシンボルなものの、ライフリンクは賛美との相性も結構いい。

c0082962_1124842.png

4点
4,5点
こういった遅延カードは好みではないが、今回はぐだらせて後半アドで捲くる戦略も重要なのでこの点数。
速攻に逃げ切られないように、しっかり相打ち、しっかり延命する目的を持って使うならそう悪くはない。

c0082962_1125638.png

6点
6点
重いが死なないタッパーはブロッカーを削りたい賛美戦略においてアタックを通しやすくなる点が非常によくかみ合っている。

c0082962_1131443.png

6,5点
7点
単純に3マナパワー3相当で、本体は先制持ちと良好なスペック。惜しいのは従者なんだからトークンは1/2にして欲しかった。しかしこれがよくネットで目にする女騎士のケツ拭く仕事か。
賛美の特攻役に従者を使うもよし、本体で殴って従者でチャンプしてもよし。

c0082962_1131946.png

6、5点
7点
軽くて飛んでる賛美持ちはただただ強い。兵士であることを考慮にいれ、ドラフトでは評価を高めている。
M13では兵士であるコモン2マナというだけでも優秀。コモン同士であるため、隼と並行して集めていきたい。

c0082962_113374.png

7点
6,5点
出たターンにだけ背中に乗っけてくれる鳥。この能力は限定的な速攻のように働き、回避能力まで添えるので見た目以上に強いだろう。ドラフトではちと重いか。

c0082962_1133855.png

9点
8,5点
重いがさすがに強すぎる。賛美とはかみ合わないのだがそもそもそういうこととは関係のない強さ。
警戒もあって攻防に渡り活躍すること間違いなし。

c0082962_1135848.png

7,5点
7,5点
1枚から3つパーマネントだしゃそら強い。
こういうカードでしっかりアド取るのが限定、特にシールドでは大事。余談だが、こういうのを意識しすぎて筆者は大型生物に完封されることがしばしばある。

c0082962_114461.png

7点
6,5点
ドラフトでは重い割りにあまり戦力として不安定な印象を受ける。ただ、トークン展開カードが白、赤、青と多色に渡って存在するので、巧く組み合わせていきたい。
シールドではしっかりグダらせれば相当のサイズになる。

c0082962_1142629.png

7点
6点
これがこの環境のシールドで非常に強い。ライフゲイン、タフネス強化がシールドのグダらせて捲くる戦略にマッチしすぎている。
ドラフトでもうっかり警戒持ちや到達持ちについてしまうと先行きが非常に怪しくなる。

c0082962_1142764.png

7,5点
7点
重いが除去。シールドはプールの除去は全部突っ込む位の勢いなので重くてもタッチしやすいシングルシンボルの除去はうれしい。
ドラフトでも十分な性能。

c0082962_1144499.png

5点
5点
まぁうれしいサイドカード。露骨に怨恨をメタったカードという印象を受ける。
違う色と比較するのもなんだが、酸化やこれにはただ壊すだけじゃない効果があるのに赤には壊すしかないのはなんでなんだろう。同じ1マナなのに。

c0082962_1144448.png

7点
7点
構えるには重いが万歳アタックには持って来い。サクり台のある黒などと合わせると効果的。
神話とレアのコンボは考えるだけ不毛だがPWとも相性がいい。

c0082962_115324.png

6,5点
6点
グダらせてから一気に攻勢をかけるもよし。序盤にとぼけてフルパンするもよし。全体除去も1点与える、1マイナスのみのカードがあるので、除去よけにも一応使える。

c0082962_115619.png

7点
7点
そこそこのマナコストで回避持ち。微妙にタフ太目なのもうれしい。極僅かにフラッシュ持ちがいるので巧くかみ合えば奇襲効果もあり。単純にトークン展開アタックも白一色で行えてうれしい。コモンの従者つき騎士、アンコの兵士3体、レアの兵士ロードと組み合わせも多様。

c0082962_1152575.png

6,5点
6点
これこそが今回の重めタフ太目戦略の白の要。少々という以上に重いが説得力のあるタフネス。警戒で賛美持ちを控えさせてアタックもいい。ドラフトでも、地上を固めるという意味でそこそこ有用か。

c0082962_1152719.png

7点
6,5点
怨恨なしならこいつが怖い。地上をきっちりにらみつけながら戦線強化とこの環境へのマッチ度が異常。

c0082962_1154420.png

7,5点
7点
遅め戦略の最終兵器アンコモン。そこそこのサイズはさておいて、生物自軍のみとはいえ、戦場に出るたび2点は相当なゲイン効率。こいつでグダらせながら弓を引き絞るように盤面に力を蓄えよう。

c0082962_1154895.png

8点
8点
タフネス1は非常に貧弱ながら、これがいると非常に動きが制限される。さすがレア。

c0082962_116719.png

7点
7,5点
黒除去をシャットアウトしながら自分で殴っても他人に殴らせても強い。

c0082962_1161066.png

8点
8点
除去の質が全体的に落ちている関係でこういう問答無用の万能除去は貴重。

c0082962_117159.png

9,5点
9点
盤面に力がみなぎっていればこれでゲーム終了。単体の性能もパワー3の先制と悪くない。

c0082962_1172147.png

7,5点
7点
安心のなべ。弱いはずがない。

c0082962_1172176.png

6点
5,5点
1/5なら評価した。

c0082962_1174214.png

9,5点
9,5点
重いがこの効果は納得のレアパワー。

c0082962_1174451.png

7点
7,5点
素でもそこそこ。それこそシールドなら森なくても生物が足りないなら採用するレベル。
ドラフトではおそらく最強色である白緑のカードの中堅アタッカーというだけで価値あり。賛美とトランプルも好相性。

c0082962_118231.png

7点
7点
1マナなら立てていても警戒されにくい全体レンジストライク。

c0082962_118380.png

7,5点
7,5点
グダらせることにかけては天才的。レアにしては地味ながら高タフネスで自前でライフリンクなのもいい感じ。

c0082962_1182129.png

6,5点
6点
これもいい遅延カード。火力などにも効果があるのも○

c0082962_1182520.png

8点
8点
安定のフライヤー。警戒が安心感を強烈に高めれくれる。

c0082962_118473.png

8点
7点
重いが、シールドの戦略とかみ合っている。ドラフトでは活かしにくい。

c0082962_1184880.png

7点
7,5点
4ターン目に出てきても十分な性能。

c0082962_119953.png

7点
6,5点
環境にあまりコンバットトリックがないのでいいかな。タフネスが大幅に上がるのも除去耐性や先制攻撃への耐性があってよし。

c0082962_1191454.png

6点
5,5点
まぁ熊。

c0082962_1193217.png

9,5点
9,5点
神話だからといってやっていいこととそうでないことがあろう。

c0082962_1193491.png

3点
2点
重い、弱い、怖いと三拍子そろった絶叫レア。

c0082962_1195410.png

6,5点
7,5点
騎士、兵士なしでも飛行ブロッカーとして生きる道がある。コモンなので集めやすく、騎士や兵士とそろったときのスピードは凄い。

c0082962_1195666.png

7点
7点
熊にエンチャント破壊が抱き合わせ。メインからエンチャントに触れるのはうれしいね。

c0082962_1201547.png

6点
6点
結構タフネス1が多い環境なので存在感あり。賛美だけは勘弁な!だが自分が組んだときは先制もあいまって強力。

白強いなぁ。いい感じです。
[PR]
by moeru_otoko | 2012-07-04 01:20 | MTG点数表 | Comments(2)
Commented by animalize069 at 2012-07-04 22:44
やはり全員賛美する天使が強そうだな
アジャニは構築には入り辛そうな気がするのは私だけでしょうか?
Commented by moeru_otoko at 2012-08-21 00:01
アジャニ使われてないのに値段下がらない。天使も。
不思議!!

<< M13限定戦点数表その2、青      M13情報その10 >>

燃える男の暑苦しい日常
by moeru_otoko
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
ご指摘ありがとうございま..
by moeru_otoko at 20:46
英雄譚は歴史的なだけで伝..
by ほ at 12:18
いつもありがとうございま..
by moeru_otoko at 16:19
ドミナリア楽しみにしてま..
by 戯識 at 15:20
おぉ、コメントありがとう..
by moeru_otoko at 07:02
寵愛される幼生抜けてませ..
by 雑魚愛読者 at 13:56
すみません、コモンの巨大..
by ななし at 20:29
毎度楽しみにしてます! ..
by はじめまして at 21:12
おぉ、閲覧ありがとうござ..
by moeru_otoko at 21:27
待ってました~。いつも参..
by リミテスキー at 18:26
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧