燃える男の道


ラブニカへの回帰情報その3

プレビューが始まり、本格的に新エキスパンション、ラブニカへの回帰の情報が公開され始めました。
これがコモン?となるような強いカードから、これが神話レア?となるような微妙なカードまで、



c0082962_23143051.jpg

白の飛行を持つ1/1の鳥クリーチャートークンを一つ戦場に出し、それからpopulateする。

4マナと重いが、実質インスタントで飛行生物を2体出せるカード。単純に比較すると《深夜の出没》よりも1マナ重たい呪文だが、コピーするトークンはこの呪文から出てくる鳥に限定されるわけではない。
後述する8/8警戒のトークン、は言いすぎにしても、とりあえず鳥より強いトークンが生産できればしめたもの。

c0082962_2321211.jpg

二段攻撃

シンプルイズベスト。シングルシンボル2マナでパワーがちゃんとある二段持ちが出てくるとは。しかも人間兵士という種族の恩恵を受けやすいタイプも好印象。
これに怨恨つけるだけの簡単なお仕事とかも考えられる。無論除去には弱いが、ホード気味ならこれを除去られてもよし。通ってもよしとできるかな。


c0082962_23155710.jpg

+1:あなたの次のターンまで、対戦相手1人がコントロールするクリーチャー1体が攻撃するたび、それはターン終了時まで-1/-0の修正を受ける。
-2:あなたのライブラリーの一番上から3枚のカードを公開する。
  対戦相手は1人はそれらのカードを2つの山に分ける。片方の山をあなたの手札に加え、残りをあなたのライブラリーの一番下に望む順番で置く。
-8:プレイヤー一人につき、そのプレイヤーのライブラリーから土地でないカード1枚を探してそれを追放する。その後そのプレイヤーは自分のライブラリーを切り直す。
  あなたはそれらのカードをマナ・コストを支払うことなくプレイしてもよい。
忠誠度:4

過去最強のジェイスとは比べられないものの、一応場に干渉する能力を持っており、回避能力と数で攻めるようなトークンに対する防御能力はPWでは珍しい。
小マイナスは小さな《嘘か真か》のような能力で、とにかく欲しいカードが1枚は引けるのがうれしいところ。奥義も勝てる効果であり、イゼットカラーで全体除去と火力満載の構成にすると、凌ぎから決めまでかなりバランスよく機能するPWではないだろうか。


c0082962_23233025.jpg

解鎖(Unleash)(あなたはこのクリーチャーを、その上に+1/+1カウンターが置かれた状態で戦場に出してもよい。+1/+1がカウンターが置かれている限り、これではブロックできない。)
(1)(黒):不気味な人足を再生する。
1/1

解鎖はラクドスのキーワード能力で、強化する代わりに防御できなくなるという能力を持ったものである。今回のキーワードは生物にしか当てはめられないものと呪文にしか当てはめられないものがはっきりと分かれているのか。
というかラクドスのゴルガリだけか。居住のスペルにも生物にもあるし、留置の別に生物限定で、という効果でもないか。イゼットは完全に呪文限定になるか、超過させるとコピートークンを伴って出てくる生物とか出るのかね。
このカードの解説に戻ろう。《蠢く骸骨》を彷彿とさせるスペックだが、攻めたいときには2/2のタフな生物にもなれるのがうれしい。特に強化エンチャントなどで攻めるときには再生はうれしい。当然守りたいときはカウンターを置かず、普通にしてればよろしい。
いいカードです。


c0082962_2322221.jpg

防衛
~はあなたが門をコントロールしている限り防衛を持っていないかのように攻撃してもよい。
4/4

門とは、RtRの新しいシステムで、土地につくサブタイプである。門は今のところ全て2色のマナを出せるタップインランドである。これを参照し、サーチしたり、強化されたりするクリーチャーが存在する。
4マナ4/4とそこそこのサイズを誇るので、限定では門なしでもそこそこ頼りになりそう。
しかしこいつ、門を用意してもらってはじめて門を破る気になるらしい。ストレスフリーでは活動できない現代人の心の病のようである。

c0082962_23224049.jpg

~のパワーとタフネスは、それぞれあなたのコントロールするネズミの総数に等しい。
(2)(黒),カードを1枚捨てる:群れネズミのコピーであるトークン1体を戦場に出す。
*/*

自前で軍勢を増強させる能力があるのが素晴らしい。参照するねずみはこれ自身だけでなくネズミ全てなので、これを軸に複数の能力持ちネズミを従えた文字通りネズミの群れで相手を蹂躙しよう。
限定では要らなくなった土地を生物に変換できるだけでもそこそこ有用である。


c0082962_23505519.jpg

あなたがインスタント呪文1つかソーサリー呪文1つを唱えるたび、どぶ潜みは各対戦相手に2点のダメージを与える。
2/2

これいいね。ぎりぎり許容範囲内のスペックで、呪文で除去ってるだけでライフを攻められる。その姿はさながら現代に蘇った窯の悪鬼のようであります。
限定では4点も飛ばせば十分だし、そもそもこれ自身が悪くない性能の生物であることがうれしい。
構築でも、死にやすいものの燃え立つ復讐よりも本体ダメージを飛ばせる機会が多い優秀なサブシステムになりえる。除去としては機能しないけどね。

c0082962_23511068.jpg

あなたがコントロールしていないクリーチャー1体を対象とし、~はそれに4点のダメージを与える。
超過(Overload)(3)(赤)(赤)(赤)(あなたこの呪文をこれの超過コストで唱えてもよい。
そうした場合、Mizzium Mortarsはあなたがコントロールしていない各クリーチャーにそれぞれ4点のダメージを与える。)

通常2マナ、超過で6マナ。どちらのモードも限定では十分。トリプルが苦しいものの、敵陣限定の4点はかの炎の波を思い起こさせる。プレイヤーにはダメージが入らないものの、それよりも柔軟な上にマナコストも軽いのでそこそこ優秀だろう。
構築でも追加のかがり火として使えなくもない。

c0082962_2325262.jpg

防衛
T:あなたのマナ・プールに、好きな色の組み合わせのマナX点を加える。
Xはあなたのコントロールする防衛を持つクリーチャーの総数に等しい。
0/3

エルドラージ覚醒の世界からやってきたような壁志向の生物。2マナも出れば御の字なので、《花の壁》のような生物が収録されれば一気に輝けるかもしれない。腐っても1マナ出すしな。
現状でも、門をサーチする壁が見えているし、どちらもコモンなので限定でのマナベースは壁というのが当たり前になるかもしれない。ただ、壁というには儚いタフネスしか持ち合わせていないことには注意。

c0082962_23251639.jpg

あなたがコントロールするクリーチャーが死亡するたび、対象のあなたコントロールするクリーチャー1体の上に+1/+1をX個置く。Xはそのクリーチャーのパワーに等しい。

複数生物がいさえすれば継戦能力が向上するエンチャント。打点が変わらないので単体除去では歯が立たなくなる。
が、効果はそれしかないのに重過ぎる。限定ではいやらしいかもしれないが、正直あまり使いたくない。活用が組み合わさるとあら不思議生物が減ったのにパワーがあがるよ。

c0082962_23253864.jpg

防衛
~が戦場に出たとき、あなたはあなたのライブラリーから基本土地カードか、Gateカード1枚を探してもよい。
そうしたなら、それを公開してあなたの手札に加え、その後あなたのライブラリーを切り直す。
0/2

限定では戦場に出ないものの門次第でさまざまな色にアクセスできる。これがコモンなのだから、シールドではこのあたりが引けると多色文化が花開く。

c0082962_23513326.jpg

トランプル
~が死亡したとき、5/5のトランプルを持つ緑のワームクリーチャートークンを3つ戦場に出す。
~がいずれかの領域から墓地に置かれるとき、それをそのオーナーのライブラリーに加えて繰りなおす。

11マナはいくらなんでも重過ぎる。リアニもできない仕様と散々である。
何らかのコスト踏み倒しカードがあればバウンス、リムーブなどでしか対処されにくいフィニッシャーにはなる。そこまでする意味があるかどうかは筆者は知らない。《末裔の道》、か。

c0082962_23263148.jpg

飛行
~が攻撃するたび、あなたの対戦相手のコントロールする土地でないパーマネントを最大2つまで対象とし、それらを留置(detain)する。
(あなたの次のターンまで、それらのパーマネントは攻撃もブロックもできず、起動型能力は起動できない。)
4/5

マナコストに対して若干サイズが小さいような気もするが、ブロッカー、アタッカーを2体も排除し、4点クロックを刻むのだから弱いはずがない。限定ではナイス過ぎるフィニッシャー。

c0082962_23265877.jpg

クリーチャー1体を対象とする。それはターン終了時まで+4/-4の修正を受ける。

ほぼ除去専用。3マナは若干重いが限定では許容の範囲内。

c0082962_2327332.jpg

以下の3つから1つを選ぶ。
「あなたのコントロールするクリーチャーは、ターン終了時まで絆魂を得る。」
「カードを1枚引く。」
「攻撃クリーチャー1体かブロッククリーチャー1体を対象とし、それをオーナーのライブラリーの1番上に置く。」

ドローがついてて無駄にならないのがいい。遅延効果がたくさんついているのも限定ではそこそこうれしい。

c0082962_23275169.jpg

先制攻撃、速攻
解鎖(Unleash)(あなたはこのクリーチャーを、その上に+1/+1カウンターが置かれた状態で
戦場に出してもよい。+1/+1がカウンターが置かれている限り、これではブロックできない。)
5/4

さすがにこのレベルの生物になるともうブロックにまわそうという気にはならない。6点先制は生半なことではとまらない。

c0082962_23281057.jpg

クリーチャー1体かプレインズウォーカー1体を対象とし、それを破壊する。

素晴らしい汎用除去。生物もPWもこの色は比較的壊しやすい色だが、それぞれがパッケージングされたのはとてもいい。
特に1枚でPWを後腐れなく破壊できるのは《呪詛術師》以来はじめてではないだろうか。いいね。

c0082962_2329042.jpg

あなたのライブラリーの一番上から5枚のカードを公開する。
あなたはその中からクリーチャー・カード1枚か、土地カード1枚をあなたの手札に加えてもよい。
残りをあなたの墓地に置く。

多色化することでアドまで取れるようになった《根囲い》。裂け木デッキにジャラドを入れたくなってしまう。

c0082962_23503469.jpg

プレイヤーはライフを得ない。
各プレイヤーのアップキープの開始時に、そのプレイヤーはライフを切り上げで半分失う。

こんなに平等に破滅しなくても、ラクドスェ。かつ重い。4マナとかなら使った。

c0082962_23501631.jpg

対象のプレイヤーは7点のライフを得る。

だれもお前とは再会したくなかった。

c0082962_2329207.jpg

飛行、速攻
あなたはソーサリー呪文を、それが瞬速を持っているかのように唱えてもよい。
4/4

素のスペックだけでも《大気の精霊》をはるかに凌駕する。能力も、エンドに動く機会が増え、隙がないのがいい。
しかしミゼット様と同族のドラゴンなんだな。自分大好きドラゴンから自分たち大好きドラゴンに変わってしまったミゼットさん。

c0082962_23305039.jpg

飛行
クリーチャー1体があなたかあなたのコントロールするプレインズウォーカーを攻撃するたび、あなたはカードを1枚引いてもよい。
6/4

この能力は生存してこそなんだがタフ4が儚すぎる。サイズは攻撃的なのに能力は防御的とちぐはぐなデザイン。どっちつかずではなく、万能型のバランスタイプなのか。
スマフォみたいな名前だ。どうでもいいが。

c0082962_23295930.jpg

飛行
~が戦場に出たとき、対戦相手1人がコントロールする土地でないパーマネント1つを対象とし、それを留置(detain)する。
(あなたの次のターンまで、そのパーマネントは攻撃もブロックもできず、それの起動型能力は起動できない。)
3/1

なにが起こればリシャーダの飛行船がここまでスペックアップするのか。クロックを刻みつつ相手のアタックブロックを一睨み。
本体のスペックが超攻撃的なのもいい感じ。

c0082962_23491158.jpg

(1)(青)(赤):カードを1枚引き、その後カードを1枚捨てる。
(2)(青)(赤):あなたのコントロールするインスタント呪文1つかソーサリー呪文1つを対象とし、それをコピーする。あなたはそのコピーの新しい対象を選んでもよい。
2/2

それぞれ重いが効果は十分。基礎サイズも良好でナイス。

c0082962_23302584.jpg

飛行
~がプレイヤー1人にダメージを与えるたび、あなたはカードを1枚引いてもよい。
(青)(赤):クリーチャー1体かプレイヤー1人を対象とする。~はそれに1点のダメージを与える。
5/5

新型のミゼット様は戦闘能力が大幅に向上。自前でブロッカーを排除しつつ本体を殴ってドローしてよし。本体はどっしり構えてエンドにチクチクプレイヤーを打ちながらドローするもよし。
イスペリアもミゼット様を見習えよ。

c0082962_2331955.jpg

対戦相手1人を対象とする。~はそれにX点のダメージを与える。そのプレイヤーはX枚のカードを捨てる。

効果は似ているがXの関係で使用感はブライトニングとは大きく異なる。
ビッグマナからの壊滅が主な使用法となるだろう。ジャンドならアグレッシブに、グリクシスなら相手を引き込んで反撃の手段を刈り取るように使えるだろう。
マナさえ出れば、既存の大型ハンデスとは異なり本体火力となるので完全に腐ることはないのも好印象。

c0082962_2332065.jpg

以下の3つから1つを選ぶ。
「クリーチャー1体を対象とする。それはターン終了時まで+2/+2の修正を受けるとともにトランプルを得る。」
「パワーが5以上のクリーチャー1体を対象とし、それを追放する。」
「警戒を持つ白の2/2の騎士・クリーチャー・トークン1体を戦場に出す。」

魔除けの全モードが文句なく強い。というか除去モードを設定したやつちょっと怒らないから出てきなさい。
出てくる騎士が先制攻撃でない点だけが救い。

c0082962_23422948.jpg

あなたがコントローするクリーチャー1体の上に+1/+1カウンターが1個以上置かれる場合、代わりのその2倍の数の+1/+1カウンターをそれの上に置く。
4/4

ゴルガリの活用を含む強化手段を強化する。本体のサイズも良好で能力を気にせず採用できる。限定では。

c0082962_23431941.jpg

トランプル
手札からクリーチャーカードを1枚捨てる:~の上に+1/+1を1つ置く。
黒:~を再生する。

地味。超地味だが強化にマナがかからず、再生もわずか1マナ。限定では非常にうっとおしい存在だろう。


c0082962_23174215.jpg

接死
活用(Scavenge)(1)(黒)(緑)((1)(黒)(緑),このカードをあなたの墓地から追放する:クリーチャー1体を対象とし、それの上にこのカードのパワーに等しい数の+1/+1カウンターを置く。活用はソーサリーとしてのみ行う。)
2/2

活用が本体コストより軽い場合もあると。
接死持ちが死ぬのは自然の理。そして死してなお仲間をサポートする素晴らしいさそりである。

c0082962_23484796.jpg

~のパワーとタフネスは、それぞれあなたのコントロールするクリーチャーの総数に等しい。
~がいずれかのプレイヤーに戦闘ダメージを与えるたび、居住(Populate)を行う。
(あなたがコントロールするクリーチャー・トークン1体のコピーであるトークン1体を戦場に出す。)
*/*

居住で自動的に大きくなれる可能性があるのが素晴らしい。降霊術デッキで、出したトークンで自身を強化しつつ、ターン終了時に消えないコピーを作るデッキとか面白いのではないだろうか。

c0082962_23442132.jpg

インスタントかソーサリーカードがいずれかの領域から墓地に置かれる場合、代わりにそれを追放する。
2/1

これが1マナ?正気か!?露骨なめがね対策。同時に俺の復讐デッキもメタられてしまった。

c0082962_23463054.jpg

飛行
~を生け贄に捧げる:インスタント呪文1つかソーサリー呪文1つを対象とする。
それのコントローラーが(1)を支払わないかぎり、それを打ち消す。
1/1

これも強い。クロックパーミ的なデッキ定番の1マナ生物になるかな。

c0082962_2319121.jpg

速攻
2/1

地味。せめてゴブリンかゾンビなら。

c0082962_23464769.jpg

あなたのコントロールする土地は「T:あなたのマナ・プールに好きな色のマナ1点を加える。」を持つ。
T:あなたのマナ・プールに好きな色のマナ1点を加える。

多色環境ではうれしい効果。自身からもマナが出るのでマナブーストにもなるのが好印象。

c0082962_2348029.jpg

T:あなたのマナ・プールに(1)を加える。
(3)(緑)(白),T,あなたのコントロールするアンタップ状態のクリーチャー2体をタップする,守護者の木立ちを生け贄に捧げる:警戒を持つ白であり緑である8/8のエレメンタル・クリーチャー・トークン1体を戦場に出す。

コストがまだるっこしいがゲームを決めるレベルのトークンを生産するのはいい。居住で増えた日には絶望しか見えない。

c0082962_23482317.jpg

ギルド渡りの遊歩道はタップ状態で戦場に出る。
ギルド渡りの遊歩道が戦場に出たとき、あなたが(1)を支払わないかぎり、これを生け贄に捧げる。
T:あなたのマナ・プールに好きなマナ1点を加える。

《断ち割る尖塔》の同型再版。まぁ好きなマナ出す土地がコモンにあるのはうれしい。

これが門です。
c0082962_2352599.jpg


こんなのが5枚。限定では非常にうれしいし、実用レベルの門参照カードでも出れば構築でもいけるかもね。

後はショックランドの再録が決まりました。モダン人口が増えるかもしれませんね。
[PR]
by moeru_otoko | 2012-09-04 23:20 | MTG情報 | Comments(2)
Commented by animalize069 at 2012-09-05 13:02
ナヤストンピィ組むか
Commented by moeru_otoko at 2012-09-06 04:12
それがいい。ストンピィというかビートかな。

<< ラブニカへの回帰その4      ラブニカへの回帰情報その1 >>

燃える男の暑苦しい日常
by moeru_otoko
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
ご指摘ありがとうございま..
by moeru_otoko at 20:46
英雄譚は歴史的なだけで伝..
by ほ at 12:18
いつもありがとうございま..
by moeru_otoko at 16:19
ドミナリア楽しみにしてま..
by 戯識 at 15:20
おぉ、コメントありがとう..
by moeru_otoko at 07:02
寵愛される幼生抜けてませ..
by 雑魚愛読者 at 13:56
すみません、コモンの巨大..
by ななし at 20:29
毎度楽しみにしてます! ..
by はじめまして at 21:12
おぉ、閲覧ありがとうござ..
by moeru_otoko at 21:27
待ってました~。いつも参..
by リミテスキー at 18:26
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧