燃える男の道


ラブニカへの回帰その4

今回も新PWお披露目ですね。
ゴルガリですが、活躍するでしょうか。



c0082962_471634.jpg

~が戦場に出たとき、あなたの対戦相手のコントロールするクリーチャーを最大2体まで対象とし、それらを留置(detain)する。
(あなたの次のターンまで、それらのクリーチャーは攻撃もブロックもできず、起動型能力は起動できない。)
2/2

重く、サイズも小ぶりながらアタックを通しながら返しのアタックを阻害するテンポ面で非常に優位に立てる。一時的とはいえ2体も止めればかなり優秀でフィニッシュにもなりえる。
生物なので比較的使い回しも効くのが好印象。

c0082962_482694.jpg

解鎖(Unleash)(あなたはこのクリーチャーを、その上に+1/+1カウンターが置かれた状態で
戦場に出してもよい。+1/+1がカウンターが置かれている限り、これではブロックできない。)
2/3

とりあえずスケイズ以上。限定では結構タフネス4になれるのがうれしい場合もあるが、防御的なサイズに能力がかみ合っていない気もしないではない。
構築ではこんな3マナが続くようでは、まだまだゾンビの3マナ域をゲラルフからもぎ取ることはできそうにないな。

c0082962_492361.jpg

~は呪文や能力によって打ち消されない。
土地でないカード名を1つ指定する。プレイヤー1人を対象とする。そのプレイヤーの墓地、手札、ライブラリーの中から、選ばれたカードと同じ名前のカードをすべて探し、それらを追放する。その後そのプレイヤーは自分のライブラリーを切り直す。

打ち消されない《頭蓋の摘出》。非常に優秀だが、やはり限定では絶叫のカードである。
構築では今後サイド要員として活躍が望まれる。

c0082962_410199.jpg

+1:あなたの次のターンまで、クリーチャー1体が~に戦闘ダメージを与えるたび、そのクリーチャーを破壊する。
-3:土地でないパーマネント1つを対象とし、それを破壊する。
-7:「このクリーチャーがプレイヤー1人に戦闘ダメージを与えるたび、そのプレイヤーはこのゲームに敗北する。」を持つ黒の1/1の暗殺者・クリーチャー・トークン3体を戦場に出す。
5

初期忠誠値が大きいのはいいが、しかし《無慈悲》能力とPWというシステムがかみ合っているかというと疑問が残る。プレイヤーにも適応するかアタック強制でもあれば話は変わってくるのだが…。
一応これでアタックを躊躇わせて忠誠値を貯めようというデザインなのだが、不死生物と火力などを併用されると実質1対1交換にもなるしなぁ。6点削るとなるとかなりプレッシャーがあるのだが。
小マイナスは文句なく強い。とりあえず置いたターンにこれで一番の脅威を除できるし、生き残ればそれを繰り返すことも可能なのはいいか。
奥義はさすがに不確定すぎる。接死くらいつけても罰は当たらなかったんじゃないかな。
2色5マナということを考えるとやはり少し微妙。使ってみたくなるカードではある。


今回はこんなところ。
限定でうれしいカードが色々見えて僕満足。
[PR]
by moeru_otoko | 2012-09-06 04:10 | MTG情報

<< ラブニカへの回帰情報その5      ラブニカへの回帰情報その3 >>

燃える男の暑苦しい日常
by moeru_otoko
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧