燃える男の道


ギルド門侵犯情報その3

今回はボロスの新カードを紹介。
新キーワードがお披露目されています。昨日の今日で実現するとは思っていなくてうれしい限りですね。



これを含む合計3体以上の生物でアタックした時、Battalion―大隊の能力が誘発する、というのが今回のボロスのキーワード能力ということだそうですね。
本体と他の生物2体ということを考えると、やはり真っ先に頭に浮かぶのが《未練ある魂》や《町民の結集》のような複数のトークンを生産するスペル。
これらは多くは白のカードであるため、ボロスともかみ合っていますね。
未練はFBに黒マナを必要とするので、寿司氏のいうように古くはデイガカラー、前ラブニカではボロドスといわれた白赤黒のカラーリングでの使用や、トークン生産力の同じく高い緑との3色でナヤカラーでも活躍できるでしょう。
無論、色を足さない選択肢も大いに考えられます。ボロスは人間の兵士も多く存在する(と考えられる)ため、現行の人間に赤を足したボロス人間もいいでしょう。町民結集とも相性がよく、自然と生物を多様するデッキにもなるので大隊はうれしい能力といえますね。
では、今日のカードの紹介に入ろうと思います。
c0082962_0204252.jpg

《炎まといの報復者》、炎まといと天使ということで、《炎まといの天使》を連想してしまいますが、これは大きくその毛色を異にしていますね。
面倒くさいこと抜きの殴る気まんまんのボディ。生物インフレ時代にあっては若干物足りないものの、能力のとんでもなさがサイズの不利を一気に吹っ飛ばしています。
新キーワード能力である大隊で誘発する能力は該当する呪文としていえばかの超優良火力、《稲妻のらせん》です。
戦闘に一定の数の生物とともに参加するだけで3点ドレインといえばその異常さがわかるでしょう。無論、単体では《幻影獣》相当のスペックしかないものの、前述したとおり、現状は生物を並べることが比較的簡単で、全体除去の枚数もかなり限られていることを考えると、3体はリスキーではありますが、狙っていける数でしょう。
ライフゲインはアグロなデッキでは不要に感じられるかもしれませんが、本家がそうであったように、ラブニカ環境の高速デッキとはすなわちショックランドガン積みからくるライフ損失に悩まされるデッキであるということでもあります。思うままに土地を置いて展開してみれば、殴っているのは自分なのにライフの総量があいてと大差ないなどということは3色ビートではよくあることでした。《稲妻のらせん》のゲインは、これらのデッキにおいてはライフの面で多色化を支えたカードといえるわけです。同様に、このクリーチャーはライフ維持という点でも現環境のビートに合致した性能であるといえるでしょう。
本体は《灼熱の槍》で退場する程度のタフネスしかないわけですが、それはまぁ4マナ域フライヤーで槍食らって死なない某天使が異常なだけですしね。
速攻持ちとの相性がよく、相手のターンにまだ戦場に生物2体しかいないし大丈夫だろうと高をくくっているところにきついコークスクリューブローを叩き込んであげましょう。
個人的には《稲妻の厄介者》と組んで奇襲を狙いたいですね。
これのパワーと能力だけで6点であり、除去としても直接戦闘が始まる前に1体数が減らせるとなると一気に形勢が有利になるでしょう。
除去だけとか本体火力だけとかでなく、打ち分けられるところが最大の魅力ですね。
一番の問題は、このカードの存在のために本家《稲妻のらせん》の再録が怪しくなったかなと考えられるところですかね。《雲隠れ》と《修復の天使》のように同時に収録されることもなくはないですが、あれはエキスパンション内での小コンセプトだからですしね。
まぁ撃たれると困るカードなのでないならないでいいですけど。


大隊は数をそろえればそろえるほどに危険性を増す能力なので、これ以外の大隊持ちの情報が待ち遠しい限りです。
では次回!つぎはオルゾフかディミーアか。明日はどっちだ!
[PR]
by moeru_otoko | 2012-12-27 00:21 | MTG情報

<< ギルド門侵犯情報その4      ギルド門侵犯情報その2 >>

燃える男の暑苦しい日常
by moeru_otoko
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧