燃える男の道


ゲートウォッチの誓い点数表その3

今回は青ですね。
回避能力にテンポカードで攻めにいけるし、最近は除去の低質、高レアリティ化が進んでる関係でバウンスの相対的信頼感の上昇が止まらず、青の存在感が増しているように感じます。
では今回の青はどうでしょうか?



・コモン
c0082962_1824560.png

5点
自発的に打てない関係で末裔を出す呪文としても若干微妙。大振りなアクションが多そうな環境なので打ち消せそうではある反面相手の末裔一枚で簡単にケアされてしまうというのも怪しい。

c0082962_16582858.png

8,5点
安定してCマナを確保できるかどうかに掛かっている点は否めないが近年まれに見る超性能タッパー。
サイズが能力にマッチしていて守る意思を感じる。

c0082962_16583871.png

8点
用途制限が掛かっているが、このマナを吐く先には困らないだろう。マナレシオを基本的な地上生物とためを張れるってのも高評価。しかし青いマナクリねぇ。イニストにもいたけどさ。

c0082962_16584435.png

7,5点
無色マナを要求するけど仲間に飛行付与する上に本体もまぁ許せるサイズと結構驚きの性能。

c0082962_1658508.png

7,5点
1マナキャントリップで怒涛のお供によし、デカブツで一発殴って後はドローの流れって使い方でもよし。もちろん果敢持ちとも相性もグッド。
重いデッキにも軽いデッキにも欲しい潤滑油的一枚。潤滑油って就活かよ。

c0082962_16585656.png

7点
5マナくらいまでの生物ならまぁとめられる上ちゃんとパワーも1あって牽制力もある。
しかしダブルシンボルがふんわりと気になるか。

c0082962_1659158.png

7点
《霊感》がリミテでは結構強いんすよ。なんかと合わせて唱えるとインスタントとして使うのが難しくなる関係で怒涛狙うときは《空民の助言》になりがちかな、でも。

c0082962_1659893.png

8点
付いたときに勝手にタップする機能はないものの、3マナと使いやすい擬似除去。
怒涛も1マナは破格の軽さでもあるため、アクションが増やせていい感じですかね。

c0082962_16592099.png

7,5点
5マナでも3/3飛行は十分な戦力だし、1マナ呪文があれば4ターン目に出てくる可能性もあるこいつは結構いいんじゃないだろうか。あの青い天使と違って呪文ないと戦場に出られないなんてことはないんで5マナの選択肢があるってのはいいな。サイズは負けてるけど。

c0082962_16592753.png

6,5点
除去なんかを弾けるのはいいけど肝心の生物が消せないとなるとなかなか。サイドにはいいのかな。

c0082962_16593350.png

8点
すげぇ優秀なテンポカード。3マナでハンドへ、ってのは弱めなものの、条件付きとはいえトップバウンスが単色3マナは軽い。

c0082962_16593996.png

7点
わきまえろよって言いそう。既存の果敢持ちと比べると貧弱ではあるが2マナパワー2で前のめりにいくデッキなら嬉しい2マナ。単純に同盟者で軽いってのも嬉しいかもな。

・アンコモン
c0082962_170035.png

7,5点
重いけど無色を含むマナを安定供給できるなら序盤は壁、中盤はドローソースと腐らない性能なのがいいな。

c0082962_170652.png

7点
サイズは尻でっかちで攻めというよりも受けを意識したデザイン。本領は研磨能力で、嚥下が追加されなかった関係で昇華者を支援できるこういう生物は実はかなり貴重なんじゃないかと思う。

c0082962_1701245.png

7点
構えるのにちょい重いけど《雲散霧消》はいいよね。

c0082962_1701818.png

8点
5マナ3/4飛行は物足りなさも感じつつも十分な戦力であり、更に死んでも後続を呼ぶってのはかなり偉い。

c0082962_170231.png

7,5点
強化に使うにはサイズは小さく、弱体化に使うには大きすぎるという印象だが、ウラモグやなんかの本当にどうしようもない奴を仕留めるのを視野に入れつつ強化にも使えるのはありがたいっちゃありがたい。
1マナインスタントは怒涛とも噛み合わせがいいというのも好印象。

c0082962_1702931.png

7点
普通に使って《悪寒》相当は悪くない。怒涛も僅かにしか軽くならないとはいえマナが残ればドロー後のカードを使用できる目が出てくる。ブロッカーを退かせてカードを連打する、そういうテンポデッキには嬉しい一枚だろう。

c0082962_1703416.png

8点
びっくりするくらい重いが、《予言》と《虚空への突入》を足したものと考えると分かりやすい。
ドローは対象と取っているため仲間がいるなら仲間への援護とできるし普通に自分でひいてもよし。
2体バウンスはドローしたカードを使う猶予にもなるし重いなりに活躍するカードだろう。ただ、8点つけてるけど2枚入れたい類ではないかな。

c0082962_1704014.png

7,5点
びっくりブロックや盟友再起動など単純に強い動きが出来るし、青ならこれくらい重くても範囲強化があるのは嬉しいかも。更に既に置かれている生物も一緒にアンタップするので守りがかなり固めでそういう点でもいいです。


・レア
c0082962_171196.png

8,5点
クソでかいカササギ系生物。カササギというか《沿岸の海賊行為》系。自前で回避能力を付与する能力すら持ち合わせるので無色マナがあれば最大の生物で一発入れながらドローしてるだけで有利。無論能力に比例して6マナと重く、しっかりグダらせないとライフが持たないがな。青はグダらせるの得意だし、そういう意味でも噛み合ってていいかもな。

c0082962_171712.png

7,5点
軽くてパワーがあって瞬速で不意がつけて飛行まで持ってる。研磨能力でたまに除去が避けられたりする。盛りすぎでもちろん凄く強いんだが軽くて殴れる普通の生物って域を出てないって印象。トランプルない相手にブロックして手札に返るってのも怖くてやりにくいしなぁ。

c0082962_1711494.png

9点
怒涛まで含めての点数になってしまうんだが、土地以外ではあるがマスバウンスは覚醒系と相性がよく、更に怒涛でフィニッシャーまで展開するとなると流石に有利が付きすぎる。

c0082962_1712169.png

7点
3マナのルータースペル。3枚掘れるのは結構強いのかな。

c0082962_1712971.png

6,5点
怒涛付きカウンターって構えにくいんだよなぁ。本体は4マナと重いし。まぁでも懐かしいカードのリデザインなので懐かしくなってしまうってカード。まぁリミテ向きではないかな。

c0082962_17173967.png

7点
繰り返し起動することのできる占術機。上になんか沢山インクの染みが付いてるけどミスプリントだから見なくていいよ。

c0082962_1713587.png

8,5点
限りなく確実に戦場に出て確実に仕事が出来るスフィンクス。サイズは7マナにしては控えめだが除去やカウンターのケアを一切することなくプレイでき、更に後続のインソーをカウンターから守る能力でこっちだけしっかり計画を固められるってのが嫌らしい。
こいつがあんまりにもあれも駄目、これも駄目って文句ばっかり言ってるせいでクソコテって言われてるのは結構面白かった。こいつ自身には面白みはないが。


青、強いなぁ。テンポカードの質はいつもどおりで生物が妙に強い。
マナクリもあるし、軽量フライヤーすら白並みの水準だな。というか今回の白は同盟者背負わされてる関係でやばさが凄いんだわな。
[PR]
by moeru_otoko | 2016-01-13 18:03 | MTG点数表

<< ゲートウォッチの誓い点数表その4      ゲートウォッチの誓い点数表その2 >>

燃える男の暑苦しい日常
by moeru_otoko
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧