燃える男の道


イニストラードを覆う影点数表その5

続きまして緑。



・コモン
c0082962_16462827.png

c0082962_17104466.png

7,5点
表面は普通。裏面は若干脆い印象を受けるが2マナなら妥当だろう、相打つときもパワー4トランプルで一矢報いる気概を感じる。誰もが思うことだろうが表面がロシアのおばちゃんみたいだ。

c0082962_17104818.png

c0082962_17105358.png

8点
表面は緑にしては若干不満があるが、裏面のタフ6はコモン生物としては破格。チャンプされ続けるだろうだお構いなしとばかりにがんがんアタックしよう。

c0082962_17105796.png

7,5点
上を止められるトリックは貴重で、全イニストのものより修正は小さいが軽さの面で優れている。
実用性もこちらが上だろう。

c0082962_1711197.png

7,5点
損しにくいしサイズも悪くない。積極的に殺すほどではないが、死んでもいいなら怪しいアタックブロックにも参加させやすい。

c0082962_1711543.png

6点
ナイスサイド、なのだが、スピリットトークンの存在が飛行持ちのデカブツをこの呪文から遠ざけはしないかと気になるところ。

c0082962_1711992.png

6,5点
修正には1点の保障があるし、追ってマナを要求するにせよ軽めのドローとしても使えなくはない。
手がかり次第では更に上も目指せるし、不安定ながら悪くはない一枚。

c0082962_17111363.png

7点
重いが、修正は大きい。人間にエンチャントすれば即席フィニッシャーになりえるってのはありがたい。無論回避能力持ちなんかにつけてボーナス無視してもいいしな。

c0082962_1711165.png

7点
多色化するなら嬉しいカード。2マナで探すだけなのは寂しいが墓地に土地を埋めてくれるってのはありがたい。

c0082962_17112076.png

7,5点
《茨角》の亜種。瞬速を持たない、修正が小さい、想起がない、対象が限定的とここまで書くといいとこなしだが、その分本体がトランプル持ちと単騎での性能は向上している。自身に修正が入らないのも、速攻も瞬速もないこいつには誤差だし、人間が濃いときのおまけくらいに考えて、3/3トランプルを堪能しよう。4マナ人間、馬、3/3、トランプル。うん?つまりこのイラストの人間は仲間を強化する能力を持った0/0ってことか?しかも仲間にはちゃっかり自分の馬より質の悪い馬を渡してやるってことか、すげぇな。

c0082962_17112571.png

8点
ダブルシンボルだが6マナ6/6は悪くなく、昂揚で得られるトランプルもサイズと噛み合ってよろしい。

c0082962_17112973.png

7点
1/1を一方的に落とせてマナが出せる時もある。悪くはない。コモンで5色アクセスってだけで悪くないって気がしてくる。

c0082962_171134100.png

7点
4マナは重いがコンバットトリックの修正が残り続けるって嫌らしいよな。昂揚達成すると効率が若干良くなるし、そんなにバンバンデッキに入る重さではないけど、相手の4マナには気をつけよう。

c0082962_1711399.png

7,5点
序盤は壁として機能して、中盤以降、殴れるようになる優良生物。2マナとしては破格のマナレシオで中盤以降もいればそれなりの存在感。
通称キノコイフ、タルモ未満。ひでぇ話だがこいつだってそう悪くないんだぜ。

c0082962_17114480.png

7点
序盤の戦力としては基準値通りだし、起動は重いが終盤まで仕事があるってのは嬉しいことだ。

c0082962_17114952.png

8点
格闘すらしなくなりやがった。生物依存だが2マナと軽く、カジュアルに打ち込める緑の基本除去足りえる。

c0082962_17115449.png

7点
サイド要員として優秀。オーラも装備もないデッキはあまりないだろうことが考えられるので、手がかり依存度が高いならメインも有り得る。

c0082962_17115875.png

7点
サイズも悪くなく、環境的にはアドになりえる能力も結構いいな。昂揚関係が崩れないよう墓地はしっかり見よう。
イラストは上のロシアンおばさんの旦那さんかな?と思わせる。

c0082962_1712385.png

7,5点
タフな中堅生物。戦況の中継地点でこのサイズの生物が出てくれば、回避能力持ち以外はかなり足踏みするだろうし、コモンで最悪の質の生物がいるんだとなると安心して緑を選択できる。パック次第だが。

c0082962_1712818.png

8,5点
緑い《衝動》。というと強くたとえすぎだが、4枚掘って墓地に4枚カードが落ちて選べるものが五種類もあるってなると、流石に破格だろう。
3マナ即起動でもドローが苦手な色なら十分有り得る性能だし、分割払いだと更にお安く見える。序盤は土地を拾って安定させ、中、終盤はフィニッシャーを探せる優れもの。連続して墓地を肥やすこいつでこいつを引いてプレイするという動きも、コモンのこれなら達成できなくもない。

c0082962_17121219.png

7点
パワーは貧弱だが追加ブロックは壁飛行系のアーキタイプを選択したプレイヤー相手には毎ターン再利用される濃霧のようなもの。タフ5も3マナ圏のフライヤーなら2体受け止められるレベルの太さ。すげぇ嫌らしいカードだわ。

・アンコモン
c0082962_17122713.png

c0082962_17123121.png

8,5点
表で自発的に昂揚を目指せるし、裏返れば恐ろしい性能のフィニッシャーに。再生の代わりにトランプルを得た最後のトロールというとそのやばさが分かるというもの。無論複数ブロックには弱いが、これはリミテッド。除去を差し込まれずにトリックを打てる安心感もある。がしがし攻めてやろう。

c0082962_17123556.png

c0082962_17123941.png

8点
裏表共に理性的なサイズだが、表は狼男特有の変身待ちで動けない状況を緩和できる起動型能力を持ち、裏面はその手札を有効利用できるコスト軽減とほんとにアンコモンかこいつといいたくなるような性能。

c0082962_17124323.png

c0082962_17124895.png

8,5点
変身抑制を抑制するドロー能力持ち。カウンターなんかへもじんわり耐性がつくし、裏面はこの手の生物には嬉しいかなりのタフネス偏重。無論マナコストを考えるとパワーだって低くはないし、十分攻めていける。相手がでかさにビビッてトリック使ってきたらしっかり引いて解決法を探そう。

c0082962_17125267.png

c0082962_17125693.png

7,5点
表はマナレシオ良好なブロッカー、兼たまに殴れる3/3。
裏面になると面倒なデメリットを失って純粋なデカブツになれる。表面は狼男の中では扱いにくい能力だが、変身しなくても殴れるし守れば優秀なのは間違いないので、悪くはない。ティムールっぽいデザインだがあれと同様に自身を参照できるのでいざとなったら強化して殴ろう。

c0082962_1713063.png

7,5点
サイズは悪くないが何度も戦闘を行って生き残れるとは思えないサイズだが、手がかりを残すので相打ちオッケー、と見るか。手がかり3回の誘発は、ドロー目的で使っているなら3ドロー、それだけ引いてれば何らかの生物が戦場へと導かれるが、如何せん流石に条件がきついか。まぁでもこういう特殊な能力があるわりにサイズが普通なのが好印象ではある。

c0082962_1713498.png

8点
コントロールできる墓地肥やしにしてトークン生成エンチャント。流石に各ターン1体限定なのだが、領域を問わないのでエンドに共鳴者で土地を捨てる、コモンフェッチを起動する、緑のランドサーチをプレイするなど、誘発する機会自体は多いのでそういった意味でも終盤まで機能する優良アンコモン。

c0082962_1713893.png

7,5点
まずサイズが優秀で、狼男を含む変身カード全般の補助効果も出てくるトークンが大きめで頼もしい。
こういったシステム生物は軽いほうがありがたいがこれくらい大きいととりあえず無視して戦闘要員にも使えるのはいいな。

c0082962_17131365.png

7,5点
懐かしい再録蜘蛛。サイズが良好で、ブロック制限はあるがそれでも悪くない水準。

c0082962_17131855.png

8点
3マナ2/4がかなり硬く、能力も手がかり生贄でライフゲインと長期戦を目指せるナイスデザイン。ドローしても使う時間がないなんてのはこのゲームでは良くあることだが、その貴重な時間を稼いでくれる可愛いやつ。
名前もイラストから連想されるハナモグラを連想させる良翻訳。

c0082962_17132231.png

7点
メルマスの頃はスペルシェイパーのお供。今は共鳴者や墓地肥やしと共に土地を回収してプレイしたり、更なる共鳴者能力やルーターの種として使用できる。できるにはできるが起動がふんわり重く、差し迫ったときには若干不安が。しかしピンピンにできる仕事としては破格といえる。いいんじゃないかな。

c0082962_17132791.png

6,5点
狼男、狼が濃ければ更に1,5点。
コンバットトリックめいて機能する全体強化。修正は3マナ全体強化としては基本的な値だし、基礎サイズに優れる狼男には嬉しいトランプル付き。攻撃制限のあった平和主義者がこいつでいきなり攻撃できるようになるのもフレイバー的に面白い。

c0082962_17133143.png

7点
基本的にはコモンの奴の方が使い勝手がいいが、かなり上の生物まで狙える可能性があるのはいい。問題は狼男ってサイズはかなり優秀だから、本当にこれで袋叩きする必要があるのかという一点に尽きる。コモンのでいいんじゃないのか?

c0082962_17133658.png

8,5点
単騎でも無条件で熊。昂揚達成はターンを返す度に戦線強化が行われるとあっては流石に強烈。

c0082962_17134130.png

8,5点
瞬速での奇襲ブロックと手札から土地を消費することで狼を生む能力で実質パワー6。4マナと手札2枚がエンド時に計6点のクロックになったら、いきなりプランが崩壊すること間違いなしだろう。無論それがコンバットでも。

c0082962_17134556.png

8点
死者から手がかりを得て、手がかりから事態の深刻さを伺い増援が現れるといったところか。
トークンでの戦線維持でドローを活用する時間を稼げるし、何よりトークンで殴れるので攻防での活躍が期待できる一枚。

c0082962_17135067.png

8,5点
サイズは熊でよし。二色になるし対象は限られるが、4マナで二段を延々付与し続けるのはかなりの畜生行為。

c0082962_17135419.png

8点
マナ加速、ドローと序盤にそろえておきたい要素がしっかり入ったオーラ。設置自体は重いが色サポート効果があるなら十分許容範囲だろう。


・レア
c0082962_17141035.png

c0082962_1714139.png

7,5点
表はドローの付いた《マロー》。その分重くなっているが、裏面要素がそれを補ってくれる。
裏はサイズが活かしやすい警戒とトランプルと大盤振る舞いで、サイズも参照する範囲が相手まで拡大している。環境的に手札はダンプしがちだと予想されるので、そこまで冗談めいたサイズにはならないだろうが、それでも自分でしっかり管理してやれば5マナに見合う活躍は期待できる。狼男の変身は呪文のプレイを抑制するので手札がたまりやすいのもサイズアップに貢献するが、翻って変身を防ぎたい、或いは表に戻したい相手は手札を消費してでも呪文を連発するわけで、裏面の相手手札参照ってどの程度の意味があるのか分からない汚いデザインだなぁ。

c0082962_171418100.png

8点
生物を必要とするが、一気にマナ加速が進められるナイスエンチャント。
中、終盤相当のマナ水準に、一息で到達できるポテンシャルを秘めている。生物が引けてないときは機能しないが、そんな時はこれがあろうがなかろうがまぁ負けてるときだ。

c0082962_17142252.png

8,5点
マナ加速は大事。デカブツ処理は大事。昂揚があればマナクリ兼接死相打ち要員となれる隙のないマナクリ。パワー2で序盤の戦闘もこなせるし、かなり偉大な一枚。

c0082962_17142611.png

8点
サイズは悪くないし、昂揚達成でのボーナスはかなりの速度でクロックを引き上げるかなりのやり手。
トラフトと違って延々トークンが残り続けるのもいいんじゃないかな。

c0082962_17143075.png

7,5点
かなり拾えるアドカード。早く打てる緑でも早く打つ意味は薄いが後半になれば打つ暇がないかもしれないジレンマ。消耗しきった後には最高の墓地回収になれるが、状況が限られすぎかもな。

c0082962_17143415.png

6,5点
トークン倍増はいいんだが、用途が狭いし一回こっきりはきつい。まぁインスタントなので奇襲的に使用できるのはいいか。

c0082962_17143842.png

8点
サイズは普通だが、狼、狼男を対象にインソーが打たれると狼トークンを展開できる除去牽制機能付き。
呪文のコントローラーは問わないので自分のコンバットトリックが展開を助ける効果もあるし、このトークン展開は結構珍しくこいつ自身も含まれる。そのため、こいつを呪文で強化してアタックして狼展開と動ける。そうなってくるとサイズに見合わないトランプルも機能するとい寸法である。

c0082962_17144233.png

8点
4マナ3/3トランプルは悪くなく、昂揚達成で一気にサイズアップできるフィニッシャー候補。4マナで即プレイできれば序盤には十分な戦力だし、それが心もとなくなるころに昂揚できていればそのタイミングにも常軌を逸したデカブツになれると頼もしすぎるワーム。無論出して上手に即昂揚できれば即詰みも有り得る。

c0082962_17144521.png

7,5点
ゼンっぽい条件で手がかりを出し、手がかり生贄でセルフ強化、そのドローで土地を引ければこのサイクルが継続できると完結した性能。マナレシオも悪くないし、綺麗にまとまった中堅生物。膨らめばそれ以上。

c0082962_17144980.png

7点
1マナで土地サーチはまぁ悪くない。《地勢》だってリミテで二色目を安定させるには悪くないカードだった。
こいつは更に昂揚で生物サーチと基本土地でなく土地カードのサーチを可能にする大盤振る舞いっぷり。
条件次第では《俗世の教示者》以上のポテンシャルを持ちうるというと凄いな。土地の部分はリミテではそこまで大きな差ではないが、それでも二色土地がサーチできるのは有用かな。

c0082962_17145464.png

8,5点
チャンプブロックには弱いが間違いなく大きく、到達もないよりはいい。ランドサーチも種類を問わないし、サイズアップにも寄与するため無駄のないデザイン。でも本当はトランプルがほしかったな。


緑はこんなところ。除去の性能が向上するというこの時代では有り得ない動きをしているし、生物も十分に大きい。有力。
[PR]
by moeru_otoko | 2016-03-27 16:46 | MTG点数表

<< イニストラードを覆う影点数表その6      イニストラードを覆う影点数表その4 >>

燃える男の暑苦しい日常
by moeru_otoko
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧