燃える男の道


異界月点数表その6

多色、無色を見ていきます。
マルチは出来ることの多さ、特定の色の組み合わせを強制する色の難しさの両天秤。
無色はなんか今回色付いてるなぁ、っと不思議な感じ。間口を狭くして面白いメカニズムをぶち込んでありますが、無色らしいなんでも入る強さを感じるカードはどんなもんでしょうか?
見ていきましょう!



無色
・コモン
c0082962_23235526.png

7,5点
素で8マナ、現出で7マナ、サクって更に軽くなり、4/4の本体と1/1が2体。出来れば役割を終えたCIP持ちや、死んでおkなPIG持ちを捧げたいところだが、こいつは質はともかく数の面で優位に立てる関係で、割とカジュアルに現出できるかもね。

c0082962_0142510.png

7点
現出の際のロスをドローで補填、出来てるんだろうか。サイズが小さめながら飛んでるってのはまぁまぁ。

・アンコモン
c0082962_0144290.png

8点
最後の一押しにもなり、殴る時間を作れるドレインは結構いい。チャンプされる恐れはあるもののパワー6点と攻めっ気があるのはいい。

c0082962_0144721.png

8点
除去対応瞬速現出プレイからのがっちり呪禁ブロック。返しに巨体を活かしたアタックと隙の少ない好きなデザイン。

c0082962_0145153.png

8点
5/4はそれなりに大きく、トップバウンスはなかなかテンポを稼ぎよる。現出コストが二色要求なのがかなりきつめではあるのだが。

c0082962_0145752.png

7,5点
パワー6の生物をプレイしつつ《帰化》ってのは割りといい。

c0082962_015243.png

8点
現出持ち全般に言えることだけどでかい○○って言いたくなっちゃう。
こいつはでかい《公証人》。重いけどでかくて、でかさで守ってスペルで攻め込もう。

・レア
c0082962_0151659.png

9点
現出コストの拘束がきつく、全体強化と現出というシステムが噛み合ってないが、そういうの関係ないデカさ、トランプルの突破力、速攻という即時性の高さ。

c0082962_0152162.png

8,5点
現出した上でアドの取れる2枚ハンデス。無論範囲の限定ぶりから空振りも有り得るが、現出で生物サクってることがある関係上、返しに除去られる危険性がなくなるっていうこと自体がありがたい。

c0082962_0152515.png

9点
事前の準備というかクロックの準備は要るが、エンドプレイからのフルアタで殺しにいける性能。相手のアタック前なら攻撃抑制能力もあり、非常に終盤力の高い蛸。

c0082962_0153072.png

9点
8マナくらいでプレイできれば十分に強く、相手のターンを奪ってアドまで取れる。プロテクインスタントとターン奪取で除去耐性もあり、殴れば十分にゲームを決められる性能。

c0082962_015377.png

8点
特殊な卑屈持ち。まず十分にサイズがあり、追放領域から帰還できるので呪文なんかでの対処がされづらいのも魅力。問題はタッパーなんかで一生いったり来たりということも考えられるため、しっかり対策していこう。

多色
・アンコモン
c0082962_016694.png

7,5点
実質パワー+1の全体エンチャントにして殴り合いを一気に有利にするゲインまで。並べるデッキでないと効果が薄く、これ自身もかなり重いが、それでも一定の価値はある。

c0082962_0161269.png

8点
重い代わりに修正の大きな《小柄な竜装者》。
4マナはそれなりに軽く、自前で持った回避能力のお陰で一撃を叩き込みやすい。いいカードだね。

c0082962_016185.png

8点
3マナパワー3速攻がそれなりに強く、昂揚によってフィニッシュにも絡める。しかし今回速攻持ち緑絡みばっかりじゃない?え?赤にも到達持ちがいるって?そりゃどうも。

c0082962_0162277.png

8点
コンバットを絡める必要があるが、2マナで除去打ってダメージも通せるんだからそりゃナイス。
しかし再録早くないですかね、君。

・レア
c0082962_0164936.png

9点
暴勇している必要はあるが、なんかする度にショック、ショックなインディージョーンズの馬鹿女みたいな吸血鬼。サイズも悪くないしマッドネスでの3マナプレイというのも強烈。

c0082962_0165435.png

8,5点
墓地肥やしと墓地からゾンビを唱える能力を持つ姉弟のカード化。
マナレシオがいいのも魅力だし、フレイバーも面白い。思ったより仲いいなこいつら。

c0082962_0165897.png

8点
量産型ガラク。
サイズも悪くないしトランプルで能力誘発が狙える。殴っている間に昂揚までいければサイズアップで更にライブラリー厳選し続けられると2マナ生物とは思えない多芸っぷり。

c0082962_017367.png

9,5点
人間と殴り合いしたくなくなる化け物レア。4マナで一時的な修正とはいえ全体修正に絆魂でライフレースをぶっ壊し、瞬速で不意をつき、更に本体も悪くないサイズに絆魂と、頭がおかしくなりそうな要素のオンパレード。正直エルドラージよりこいつを含む人間の方がよっぽどおぞましい何かだ。

c0082962_0177100.png

8,5点
テンポお化け。こいつが場を離れたらその呪文唱えられるんだから、とはいうが、適正なタイミングを失っているっていうだけできついし、それがカウンター呪文の類だったらそもそも唱えなおせないことすらあるっていうね。

c0082962_0171261.png

9点
書いていることは十分破壊的だが、3色は結構きついかも。と思ったが多色アクセスで一番重要な緑を含んでいる関係でそんなに問題ないのかもな。
+は相手生物につけても自分が引けるので抑止力になるし、-はテンポ面で凄まじく優れている。
奥義はドロー付き《全知》みたいなもんで、手間をかける価値のある超性能。ゆるサルと違って4マナだし、なんか凄いねぇ。

c0082962_0171648.png

c0082962_0172253.png

8,5点
緑を含む割には理性的なサイズ。
能力は修正と変身後格闘で悪くはない。何らかの方法で速攻をつけてやると、自身を対象に能力が使えて8点パンチが出来るし、プレイしたり戻ったりしたターンにあの緑のコモンで変身してやるとパワー10点で格闘できるなど、面白い活躍が期待できる。
そうでなくてもCIPででかいの一発ぶち込んで、変身すれば格闘とパワー6で押し込める良質なファッティだようん。

今回はこんなところ。現出についてはポテンシャルが図りにくいですが、面白そうです。多色は流石にパワー溢れてますね。
[PR]
by moeru_otoko | 2016-07-12 23:24 | MTG点数表

<< 異界月点数表その7      異界月点数表その5 >>

燃える男の暑苦しい日常
by moeru_otoko
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧