燃える男の道


カラデシュ点数表その1

この点数表は限定戦、主にシールドに関する点で評価いたします。
レアリティ別に評価するので、コモンの10点がレアの8点より強力という意味ではありません。
遭遇率の違いがあるためのレアリティ毎の評価となっています。無論、レアより強いアンコモンなんかはしばしば現れますけどね。

今回は白。
アーティファクトエキスパンションということで、白の能力の1つである恒常全体強化にアーティファクト生物のトークン展開、というような動きが予想される感じですかね。後は最近は緑に押され気味ですがファクト対策カードとか。
ま、早速見ていきましょうか。




・コモン
c0082962_2340819.png

7,5点
ちらつき系カードの最新形。軽くはないため構えにくいが手札を減らさずに除去を避けたりブロックからのちらつきでいなしたりCIPを使いまわしたりと悪くないカード。
この世界は製造やエネルギーカウンターなどのメカニズムがあり、各色にちらつきに意味のあるカードがそれなりにあるのも追い風。

c0082962_23403916.png

6,5点
熊にパーマネントのセルフバウンスがセットになったカード。
過去には《コーの空猟師》なんていう先輩がいた。回避能力やサイズに優れているが、強制だったあちらと異なり、こいつは任意。土地しか戻せないという序盤の立ち遅れを起こさずとりあえず熊を展開したい時は実質バニラになれるし、CIP使い回しなんかをしたい時は任意に戻せる融通性は割りといい。いいというか悪くないレベルか。

c0082962_23404789.png

8点
1マナにしては修正がそれなりで使いやすく、ファクト生物に使用した際のボーナスは破壊不能と非常に強力。投げる相手に精査はいるが、それでも軽くてボーナスなしのときのがっかり感が小さいのはいい。

c0082962_23405414.png

7点
2マナならパワー1飛行はそれなりだし、カウンターの消費で仲間に飛行付与はテンポいいってレベルじゃない。強化元としても悪くないし、2マナでカウンター2個は割りと効率もいい。

c0082962_2341018.png

6,5点
リミテなら2マナで制限ないほうが信頼を置けるが、それでも悪くないサイド候補。機体はマナレシオに優れたものが多い。低レアリティにも軽いのに3マナパワー4なんかが存在する。つまり、高い頻度で軽くて大きいファクト生物が襲い掛かってくるわけで、それを1マナで対処可能とあればかなり有用。

c0082962_2341682.png

7点
3マナ3/3でもいいし、トークン展開でもいい。軽い、シングルシンボル、それなりの大きさと素晴らしいものを持っている。しかしホモくさいね。

c0082962_23411249.png

6,5点
《巡礼者の守護霊》の上位種のような生物。3マナ3/2はそれなりに悪くないし、修正で前のめりに行くデッキでは小さな修正でも嬉しいもの。しかし各種CIP再利用法を用いるほど優れたカードでもないわな。インスタントなちらつきでコンバットトリック風に動くにしてもやっぱ修正が小さい。

c0082962_2341222.png

8点
レンジストライクの最新形。火力の弱体化が著しい昨今、状況を限るとはいえ2マナで3点火力はかなり強力目。

c0082962_23412733.png

8点
ダブルシンボルとはいえこの修正値がコモン4マナインスタントとは恐れ入る。相手がやたら製造でトークンを展開しだしたら警戒を強めよう。1/1ですらパワー3になる全体強化は十分に死人を出す。

c0082962_23413259.png

7点
死亡ではなく生物が戦場を離れたら誘発というのは珍しいだけでなく、単純に《物騒な群衆》の強化版と見れる。ちらついても強化。死亡でも強化と白の戦略の脇で案外ぐんぐん育てそう。

c0082962_23413798.png

7,5点
個人的な趣味でこのカード凄く好きなんだよ。テンポ厨だからね。
相手のエンドに寝かしてドロー。アタックをいなしてドロー。アタックを通してドロー。ダメージレースを有利にしつつ手札が減らないってのは偉大。

c0082962_23414413.png

8点
《噛みつきドレイク》が更にトークン展開のモードを持ってるってのは頼もしい。下はチャンプで上は飛行パンチという動きも取れるし、単純にパワー3のフライヤーってだけでもコモンならかなり優秀。

c0082962_23415191.png

8,5点
普通のなべなら拘束していても車に乗れるがこいつはそれも許さない。除去が調整されて久しい昨今なら3マナのなべでも十分通用するし、搭乗不可も嬉しい状況はそれなりにあるだろう。

c0082962_23415627.png

7点
パワーは若干頼りないが、コモンなら十分。タフ4も3点火力に耐えられるので案外悪くない。

c0082962_2342157.png

6点
飛行壁系アーキタイプだとあいての早攻めをかなりいなせるこういう生物が嬉しかったりする。
一番の活躍の場はタイニードランの追加の1マナ域のような気もするが。

c0082962_2342786.png

7点
4マナと重めだが、タフ4が頼もしい。このサイクル、効率自体はあまりよくないが、2ずつエネルギーを入れてやればどんどん膨らめる。つまり生きている限りアタックのたびに膨らめるわけで、高タフネスの生存性の高さが機能にマッチしているように考えられる。


・アンコモン
c0082962_23422525.png

9,5点
極めて悪質なフライヤー。かの《吸血鬼の夜鷲》を連想させる3マナ2/3飛行+能力2つ。
しかし警戒がそれなりに機能しだすタフ3と絆魂によるダメージレース否定が重なって異次元の強さに。
どっちが上、という話ではなく、どっちも異次元って意味だけどな。

c0082962_23423096.png

6,5点
生物を対象に出来ないし、エネルギーをがんがん喰うプリベンター。しかしエンチャントで壊れにくく、起動にマナを要しないため、エネルギー次第では数ターンを平気で稼ぎ出すかもしれない。設置は重いが、エネルギーを4つまとめてくれるってのもいい。

c0082962_23423622.png

7点
サイズは防御よりだが4マナ3/3という一種のボーダーを超えている悪し、攻撃誘発の破壊不能不可によって強引なアタックにいける攻めっ気も悪くない。悪くない中堅生物。

c0082962_23424159.png

9点
他の除去が当時より弱くなってるのに《悪鬼の狩人》が殆ど当時のままの性能って許されるわけないだろ。
人間ほど部族支援を受けやすいわけじゃないし新書式なので誘発即ちらつきからの永久追放なんかは狙えないが、それでもやばいって。

c0082962_2342466.png

7点
先制持ちパワー2が2マナって段階で合格。搭乗時の先制付与は機体全体のサイズの大きさもあいまって複数ブロックによる破壊すら難しくさせているのはよし。

c0082962_23425187.png

8点
ボムの水増し。プール次第ではあるけど、機体はアンコクラスに割りといかれたフィニッシャーがいるんで、撃ちたい状況は結構あるんじゃないかな。

c0082962_23425850.png

7点
1枚から2枚の系譜。基本はソーサリーの《急報》だが出てくるのはこの環境の補正を受けうるアーティファクト生物のトークン。
3つコントロールするとボーナスのある擬似金属術もあるので1枚でリーチにいけるこいつはかなりやり手なんじゃないかな。
加えて全体強化ともかみ合うナイスアンコ。

c0082962_2343388.png

9点
1枚でゲームをどうこうするカードではないのでこれ以上の点は付かないが、ピン除去の性能としては環境随一。インスタントで《復仇》より範囲が広く占術がついてシングルシンボル3マナって流石にリミテレベルなら最高峰の性能。

c0082962_2343856.png

7点
白は軽量生物が優秀。複数展開も得意。それならこいつの性能も活かしやすいはず。
そも殴れなくても2マナでパワー3の壁はいやらしく、1マナ生物置いてこいつを展開するなら警戒もかなり危険。ハイエナが信頼を得るというのもフレイバー的に面白い。家畜化されてるのかね。

c0082962_23431592.png

8点
4マナパワー4も悪くないし、4マナでパーマネント3つというのも悪くない。擬似金属術に1枚でリーチをかけるというのも悪くなく、全体的に飛びぬけていないが高レベルな1枚。

c0082962_2343199.png

7,5点
6マナ4/4は若干貧弱気味だがちらつき付きなら悪くない。生物のアタック後にこれで1ターン限定の擬似警戒でダメージレースを仕掛けるもよし。CIP使い回しもよし。6マナでも4/4飛行はリミテならそもそも上々の航空戦力。


・レア
c0082962_23433711.png

9点
流石にリミテではお化け。こいつをおいて5ターン目に何らかの生物をプレイすると相手のブロッカーを寝かしつつパワー4点。
テンポ的にこれはおかしいんじゃないか?更に普通にエネルギーを得つつこれをプレイしているならその悪夢が数ターンに渡って発生しつつこれが膨らんでいく。
ゲームの質ががらりと変わりすぎだろ。

c0082962_23434226.png

9,5点
まず、《栄光の頌歌》のマナコストを思い出そう。そう、1白白。
んでこいつからそれを引いてみよう。何かがおかしいことに気がつけるだろう。基本はトークン展開モードだが上ががら空きならパワー4絆魂からのゲーム終了プランもある。
神話とはいえこれは強烈。

c0082962_23434672.png

6,5点
速攻生物を事実上のバニラにし、ライフを守り、更に前のめりなデッキに置いては1ターン限定のタッパーと多機能。地味ではあるが、悪くはない。

c0082962_23435251.png

9点
擬似除去にして(ブロックは許す)相手の除去を一発肩代わりさせるなべ。
重いが2枚分の働きは期待できる。

c0082962_23435631.png

9,5点
形態は特殊ではあるが、マスデスに残る生物としてはでかすぎ。更に5マナは軽すぎ。結果強すぎ。

c0082962_2344071.png

9点
全体除去を打てるプールってのは後半のドシャクりを想定して動ける。ドシャクりを期待してのプレイからのライフ足らん問題を解決するナイス全除去。

c0082962_2344552.png

9点
起動は重いが実質パワー2を展開し続けるロード。本体のサイズはでかいし、環境的にも噛み合っている。
しかしこれを見るだに《傲慢な完全者》のいかれっぷりを再認識する。

c0082962_23441038.png

7,5点
リミテレベルなら最高峰の1マナ生物。だって条件が軽すぎる上にそれを満たせば2ターン目にはパワー3で殴れるんだもん。おまけに金属術達成したなら先制までついてえげつなすぎでしょ。マナカーブ云々を差し引いても4マナ生物並みの強さの1マナ生物なのでデッキに入りうる。

白はやっぱ強いね。アンコモン以上のカードが軒並み強すぎカードでしょう。怖い世の中だわ。
[PR]
by moeru_otoko | 2016-09-19 23:40 | MTG点数表

<< カラデシュ点数表その2      カラデシュ点数表その前に >>

燃える男の暑苦しい日常
by moeru_otoko
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧