燃える男の道


破滅の刻点数表その4

今回は赤。王神の構成色の一つであり、火力の色であるところの赤です。
では見ていきましょう。



・コモン
c0082962_2325527.png

7点
それなりに軽く、永続弱体に本体火力がセット。悪くない。

c0082962_23255754.png

6点
全体トランプルは押しているときに押し切れる威力があるし、そうでないときにもキャントリップでとりあえずは引けるのがえらい。

c0082962_2326089.png

5,5点
黒のコモン生物よりも明確に弱い生物が渡されると驚くな。

c0082962_2326442.png

7,5点
サイズは標準だし足が止まった後にも仕事があるのはいい。

c0082962_2326972.png

8点
《丘巨人》にブレスがついてるだけでも驚きなのに加虐2までとは大盤振る舞いだな。

c0082962_23261327.png

8点
このサイズに威迫は危険。重さもサイクリングでまぁいいかとなる。でもまぁコモンでフィニッシャークラスだし簡単には捨てたくないかな。

c0082962_23261960.png

7,5点
軽くていやらしいコンバットトリック。修正は小さいが先制がいい味出している。
こいつに泣かされた奴も多いんじゃないかな。

c0082962_23262522.png

8点
どんどん弱くなっていく《稲妻》。それでもリミテなら悪くない。打ち分け火力はそれくらい貴重かつ強力。

c0082962_23262879.png

7点
コモンで5点を4マナで実現するなら悪くない。追放もこの世界にマッチしている。

c0082962_23263372.png

8,5点
攻撃時限定だが果敢とかみ合う攻撃的な先制。赤の生物なら3マナ2/2に先制攻撃ならそれだけでも及第点レベル。果敢があるので相手にブロックを躊躇わせるし、通れば好き放題、ブロックさせても一方が取れる。いいじゃないか。

c0082962_23263686.png

9点
マナレシオがいいし、砂漠効果でブロック不可をつけるのは非常に危険。攻撃参加時に一番厄介な奴を黙らせてどんどん殴っていこう。小粒生物では止めにくいサイズにこの手の能力がかみ合うと非常に危険。

c0082962_2328757.png

7,5点
マナレシオは悪くないし、威迫持ちだし、複数ブロック狙われそうなら二体道連れに督励アタックに行ける相手がスルーするならそれはそれ。悪くないな。

・アンコモン
c0082962_23282455.png

8,5点
メインから入るファクト対策。素晴らしい。生物3点モードがしっかり実用レベルなのがいいな。

c0082962_23282884.png

7,5点
非常にブロックしにくい2マナ生物。無論守っても強く、2マナ生物とは思えない戦闘力。
半面除去には非常に脆弱なので、過信は禁物。

c0082962_23283263.png

6,5点
軽く、インスタントである点も高評価。あくまでサイドカードなんだけど、かみ合うととんでもない性能。1マナで5、6マナクラスのカードを打ち取れるんだもん。

c0082962_23283633.png

8点
殴れるときなそれなりにハードパンチャーであり、足が止まれば本体にピング。更に督励起動でティムにもなれるとかなりおかしな性能。無論単なるティムみたいにバンバン打てないのが厳しいが、それでも悪くないよ実際。

c0082962_23283964.png

5,5点
最後のひと押し以外にはさっさとサイクリングできる道があるが、それでも流石に本体限定6マナソーサリーは厳しいように感じる。まぁだからこそのサイクリングなんだろうけどね。シナジーを意識するデッキなら居場所はある。

c0082962_23284393.png

7点
4マナ5/5にして時間経過で徐々に冷めていくエレメンタル。非生物呪文で再加熱できるし実際マナレシオは悪くないんだが、これ維持しきれるほどには非生物呪文でデッキ埋まらないんだよね。シールドって。
それでも悪くなはい。何度か殴れるだけで元は取れてるわけで。

c0082962_2328567.png

8,5点
正直このレベルの生物が本当になにもできず足踏みする状況はかなりまずいわな。まぁ接死や先制がうんこ座りして待ち構えてるところとかなんだろうけど。
基本的にはおらついていこう。この手の生物は、コンバットトリックを握っているか判断がつかないという相手に読ませるという効果も期待でき、このレベルの深刻な威力を持っている生物ならその読ませにはかなりの重みがあっていいじゃないか。

c0082962_23285962.png

9点
色々とマイルドになったフレタン。《丘巨人》に高い確率で3点生物火力は本当に危険。
しかしすなかけとはいうがフレーバー読むに命中率が下がるとかでは言い表せない強烈なすなかけ。
MTG界の環境利用闘法の使い手。

・レア
c0082962_23291478.png

9点
全体火力内蔵のファッティ。この生物が7マナで収まっているというのがうれしいね。

c0082962_23291888.png

8点
速攻とブロック抑制でテンポに極めて優れる生物。
永遠で戻ってきたときは対象に取れる生物も増えているってのもポイントが高い。

c0082962_23292210.png

3点
マナコストに制限がかかってて不安定でアンタップ阻害のデメリットを持ち6マナという重さ。なめてんのか。終わりなく怒ってんのは俺たちだよ。

c0082962_23292527.png

9点
5マナと使いやすいマナコストに破壊不能を乗り越えるダメージ系マスデス。PWにも波及するのが素晴らしいね。

c0082962_23293014.png

4点
露骨に構築向け面白カード。さすがにリミテでは確実に1マナの呪文をデッキに搭載するとは限らないし、なにより合わせて引いて一点。その上を目指すために2マナ、3マナと綺麗にカードを引き込む必要があり、非常に芸術点が高い一枚。高すぎて常人には理解不能。

c0082962_23293341.png

9点
マナレシオは赤の常にないレベルで高く、加虐3も大きく、通してしまえば一気にマナブーストとかなりのお化け。

c0082962_23293747.png

8点
ブロッカーを排除しつつ本体に4点、とはいかないパワーだが、うかつに通すのも怖いのが事実。
4マナ4点クロックに相当、するようなしないような。まぁわるくはないね。


赤はこんなところ。思ったより生物も火力も悪くないね。コモンアンコモンに撃とうと思える火力が散見されるのはいいことだ。特に粉砕の上位カードがいい。非常にいい。
[PR]
by moeru_otoko | 2017-07-04 20:33 | MTG点数表

<< 破滅の刻点数表その5      破滅の刻点数表その3 >>

燃える男の暑苦しい日常
by moeru_otoko
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧