燃える男の道


イクサラン点数表その1

今回は白。吸血鬼、恐竜のカラーです。
軽量生物、除去も満載ですし、今回は恐竜で中堅以上の生物にも期待が持てます。
まぁ普段からも期待できてるんですけど。
では見ていきましょう。



・コモン
c0082962_21087.png

7点
優秀な熊。部族シナジーも期待できる。こういう相打ちでライフ得な序盤生物がいると、後半のデカ物の暴れる猶予が生まれる。これはこの環境では結構重要。

c0082962_2104088.png

6点
ナイスサイドではあるが、軽さよりファクト割れたりサイクリングできたりするほうがうれしいのが本音。

c0082962_2105669.png

7点
序盤は一応殴れるしタフ1へのけん制として立たせといてもいい。
後半は強烈に重いが全体強化と鮮度が落ちにくいピンピンは貴重。

c0082962_211593.png

8点
流石に多少は恐竜が入ってないと入れたくないけど、航空戦力が強いなら採用は検討に値する壁。
かみ合うデッキでは恐竜コスト軽減はうれしいし貧弱な1/1とかってサイズじゃないのもありがたい。

c0082962_2112049.png

6,5点
シールドよりはドラフト向きか。2枚もあれば採用検討できる。吸血鬼を意識するデッキなら手札が減りにくくてそれなりに軽いこいつはありがたいだろう。この系統はカウがやばすぎたが過去のは弱すぎた。その中間を上手に狙えたラインなんだろうね。

c0082962_2112763.png

8,5点
リミテのでかい生物=やばい。やばい生物をしっかり処理できるってのはえらい。3マナソーサリーはリミテなら軽い。軽いけどコンバットトリックに合わせられないのはちとがっかり。でもまぁコモンなら強すぎるくらい。他の色ならアンコだな。
考えるだに《復仇》が異常だったんだなと。

c0082962_2113313.png

6,5点
非常に硬い。6マナ域の標準的なアタックにギリ耐えるタフネスは偉大。ちょっとあるパワーも軽量生物への牽制として有用。そしてアンコとの共演になるが、この世界にはドランもどきがいるんだ。あぁロマン。

c0082962_2113994.png

7,5点
4マナ3/2は多少の脆さはあるが標準的。それにバニラでないトークンがついてくるってのは破格。どちらも部族補正がある点も高評価。実に白らしい一枚。

c0082962_212560.png

8点
素で《丘巨人》。赤ならここで満足してるが白はここから恐竜とセットで飛行をゲットという欲張りプレイ。
アンコモン並みの性能のフライヤーに。

c0082962_212341.png

7点
チャンプに最適かつシナジーのあるトークンを2つ。この系統の呪文はしばしば現れるが、絆魂がセットな関係で単体の性能が非常に高く、高評価。

c0082962_212402.png

7点
軽い恐竜はシナジー重視の観点から優秀。相手の手が止まっていればパワー3を活かして殴れるし、そうでないなら恐竜シナジー製造機兼各上と相打ち上等が狙えるブロッカーとして機能する。

c0082962_2124766.png

6,5点
ゲインするだけの呪文には懐疑的だがドローもついてるし、インスタントなので隙も少ない。
吸血鬼はしばしばライフを要求する能力を持つため、それとも噛み合っている。
《治癒の手》の上位互換だがこんな時代にこんな呪文の強化版を目にするとはね。相手を対象に取れないってのはこの際あまり関係ないだろう。おそらく。

c0082962_2125295.png

7点
コモンとしては上々の航空戦力。恐竜である点も+。

c0082962_213092.png

6,5点
パワーが足りないが強化元として優秀で、シナジーも期待できる。

c0082962_213638.png

7,5点
対象限定だが悪くない軽さと威力。先制を多く持つ白ならコンバットトリックのように機能する。

c0082962_2131446.png

7点
5マナまで伸びているなら強化のほうがうれしく感じる。強化されていれば4/4警戒とコモンとしては破格の性能。無論5マナが天辺というシールドのデッキなそうないため、土地でも結果オーライ。

c0082962_2132034.png

9点
3マナ生物の基準点を満たすレシオにアタック誘発で相手生物をタップ。こんな奴が序盤からガシガシ殴ってきたらゲームにならない。コモン恐竜という点も評価できる。

c0082962_2132624.png

8点
軽いコンバットトリックにして、吸血鬼にボーナスで先制付与。とにかく1マナという軽さが魅力。


・アンコモン
c0082962_2134511.png

6,5点
修正除去には無力だが、マナを要求せず破壊不能を得られるのはいい。攻撃時限定ではあるがパワーもマナコストに比して大きくなるのもいいな。ただこんな生物に2回も3回もライフは払えない。

c0082962_213528.png

8点
タフ5もあれば激昂も複数回狙えなくはないだろう。
格闘なんかで相手の生物の頭数を減らし、こっちは戦線強化が狙えるってのはいいよな。本体はかなり重いが許容範囲ではある。

c0082962_2135876.png

6点
キャントリップ付き対象限定除去。5マナは極めて重いうえブロッカーを狙えないためかなり厳しい。それではまぁ貴重な除去だ。《叱責》が3マナなことを考えると妥当な重さだしな。《復仇》に占術つけた呪文と比べると大きな違い。

c0082962_214321.png

7点
飛行ピンピンは悪くないし、殴る側としての仕事が終わっても仲間の援護としての役割が残っているのもいいな。

c0082962_2141168.png

7点
3マナパワー2先制攻撃はその状態で及第点。マナが伸びてよし、土地がめくれてよしと地味ながらいい仕事をする一枚。

c0082962_2141864.png

7点
吸血鬼シナジーに期待。というかそうでもしないと《セラの天使》の下位互換すぎる。
せめて何かもう一つ能力があればよかったのだが。

c0082962_2142476.png

8点
自身もフライヤーとして優秀で、CIPで回避付与と強化が相まってクロックを推し進めるのに最適。
フレイバーも面白い。赤のカードなら飛ばされた奴はターン終了時生贄だっただろうな。

c0082962_2143060.png

7,5点
装備品なんかでパワーを増してやれば輝くピンピン二段持ち。コモンの2、3マナにも恐竜がいるため狙っていきやすいのではないか。

c0082962_2143599.png

7点
まともなサイズに4点ゲインと吸血鬼にはうれしい効果。そうでなくても延命効果は悪くない。
具体的にいうとありがたさ2倍以上の《ありがたい老修道士》。
実年齢はおいといて見た目の若いしかわいいしであのじいさん泣いてるな。

c0082962_2144299.png

9点
限定では後半の能力はそう機能しないが、リング系除去はありがたい。

c0082962_2144912.png

8点
全体強化として悪くない水準だし、アンタップ効果もあるので返しのアタックにも対応できる。
いいじゃないか。

c0082962_2145610.png

6,5点
効果はいいがサイズ修正がないのが気がかり。それでも全体除去にも耐性がある除去避けが1マナというのはありがたい。

c0082962_21515.png

9点
サイズ自体は小さいが、こいつへのブロックは最低タフ4を要求されるし、能力込で生存しようと思うとタフ6要求。おまけにそれを嫌がってブロックを見送ると返しのアタックでこいつが守りながら能力構えてきやがるとか頭おかしいんじゃないだろうか。



・レア
c0082962_2151963.png

3点
全く意味がないとは言わないが構築用のカード。

c0082962_2153072.png

3点
上が絶叫のレアならこいつは発狂の神話レア。確かに吸血鬼ならライフは少ないかもしれないが、相手のエンドにライフをバンバン支払ってこいつで逆転とかっていうゲームはそうは望めないだろう。
おまけにこれ重いって。でも神話らしいデザインでいいと思う。リミテ向きじゃないだけで。

c0082962_2153588.png

8点
マナレシオは悪いが攻撃時の誘発能力が強力。3マナまでだが種族を問わずリアニはいい。
警戒とかえってきた生物とで守りも硬く、そういった意味でも殴れさえすればかなりなんとかなる。

c0082962_2154293.png

7,5点
7マナで3/3とは恐れ入る小ささ。ではあるが、二段でまぁパンチ力は充分。一緒に殴る仲間にも二段付与でいきなりクロックが跳ね上がるのはいい。いいけど銀刃とかと比べると見劣りするよなぁ。


c0082962_216347.png

7,5点
こいつ自身殴れるサイズの飛行で軽いクロックとして優秀で、相手のブロックを遅らせる能力と相まってかなりテンポで優位に立てる。
速攻生物による奇襲も防げるし、いいんじゃないか。

c0082962_216979.png

8,5点
サイズは凡庸だが誘発型能力が極めて優秀。周りの吸血鬼がイニスト並みに強ければもう一点あっただろうけどね。

c0082962_2161671.png

7点
相手に自分の恐竜を自慢しながら2点ゲインできる延命のプロ。
サーチ能力もあるので稼いだ時間で逆転を狙えるボムを探していくこともできる。素晴らしいバイプレイヤー。

c0082962_2162330.png

8点
インスタントなんで《命の川》みたいに返しターンボコられる心配もなく、種火は2マナだがXの2倍という高率でゲインできるので2桁回復なんかも出来なくはない。きっちり盤面を拮抗させればこいつがライブラリーに帰る関係で切れ勝ちを狙えるというのも面白い。ただ時間がそんなにないんだよなぁ。

c0082962_216289.png

8点
おっきな《流刑への道》。攻撃生物限定だし、土地が3つも4つも伸びるのはやばいかもしれないが、土地よりやばい生物をぶっ飛ばせるならやむなしという状況もなくなはいだろう。PtEと違って仕方なしに自軍生物に打ち込んで土地を調達する、という動きはかなりやりにくくなっているが、それができればマナ差を一気につけられる。つけたからなんだといわれると返す言葉はない。

c0082962_2163494.png

5点
《倦怠の宝珠》内臓の生物。
2マナと軽くそれなりにタフがあるのが魅力。ただ流石に構築のカードだろう。
武器とポーズのせいで二段攻撃しそう。

c0082962_2164193.png

9,5点
フィニッシャーなサイズと恐竜以外をぶっ飛ばすマスデス内臓は、この拘束と重さをしても超強力。


白はこんなところ。コモンの恐竜が強く、吸血鬼がおとなしめ。除去も比較的おとなしいかな。
でも飛行持ちがかなり強く感じます。では今回はここまで。
[PR]
by moeru_otoko | 2017-09-18 21:00 | MTG点数表

<< イクサラン点数表その2      イクサラン点数表その前に >>

燃える男の暑苦しい日常
by moeru_otoko
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧