燃える男の道


イクサラン点数表その2

今回は青。
バウンスやタップによるテンポ、中堅以上の飛行の層の厚さが魅力。
シールドでも固めて引けば必殺の研磨など、多角的な攻めも魅力の青。
今回は人魚と海賊の色でもあります。
では見ていきましょう。




・コモン
c0082962_218579.png

6,5点
基準点となるカウンター。絶妙に構えにくく、よくできている。

c0082962_2114223.png

8,5点
3マナの《送還》。おまけが宝物なので相手エンドに唱えて相手の展開をくじき、マナブーストでリードを広げるような動きが強力。代わりにちと重いので自軍を除去から守るような動きが取りにくいのは一長一短である。

c0082962_21142831.png

7点
軽い除去対策。パワーが増えないので強引に相打ちに持っていくような運用はできないが、全体火力なんかの見れるのはいい。

c0082962_21143322.png

7点
実用的な壁。パワー2はかなり多くの相手を足踏みさせられる。部族補正も受けられるマーフォークなのもよし。

c0082962_2114405.png

9点
2マナという軽さでこの修正値に飛行。こいつは相当止まらん。
比較的生物の小さい青ではうまみが他色ほどないが、この世界は二色推奨度が高く、緑のデカ物でも飛ばしてやろう。ちょうど人魚の色だ。

c0082962_21144422.png

7点
軽くて隙が無く、効果は小さいがボムへの道を少し短くしてくれる。

c0082962_21145050.png

7,5点
4マナソーサリーはかなり隙が大きいが、手札が増えて、マナも一時的に増やしてくれる。それ以降の逆転が望める展開も多いはず。

c0082962_21145829.png

8点
マナレシオは悪いが一時的に2マナブーストは破格。悪いとはいえそれなりのタフさなので置いたターンで一気に劣勢に、ということもなさそう。いいじゃないか。

c0082962_2115377.png

7点
4マナは重いがインスタントだしトップバウンスの効果を思えばまぁ妥当か。

c0082962_2115867.png

7点
壁役としては悪くないサイズに宝物付き。いいじゃないか。

c0082962_21151512.png

7,5点
条件付きながら2マナパワー2飛行。こいつ自身がコモンであることを考えると、かなり達成しやすい条件にも感じられる。素晴らしい。

c0082962_21152125.png

6,5点
強襲で一度ルーティングできる海賊。まぁ悪くはない。

c0082962_21152717.png

6,5点
1マナ壁役としてはいい。もうこいつじゃ守れるものなんてないと思えば強烈に重いがドローにも変換できる。こいつで防いだ序盤数ターンが起動するターンを確保していると思えば自己完結性が高い。

c0082962_21153490.png

6,5点
3マナフライヤーという点でちょっとパワーを期待してしまうので、土地がめくれるとがっかり気味なフライヤーが残ってしまう。その分土地が手に入ってるんで悪くないんだろうけど、俺が飛行に求めることと起こることに開きがあるのかな。無論カウンターを得られた場合はデメリットのない《雲の精霊》で、かなり強い。

c0082962_21153850.png

7点
ブリンクの最新版。タイムラグがないタイプなので全除去は避けられないが、ブロックして消えたり疑似警戒でブロックしたりと小器用。海賊がチラついたらドローというのも軽さと相まっていいな。

c0082962_21154872.png

5,5点
リミテだと活きるタイミングが少ない。5マナ除去を最短でぶっ放す時とかドローと除去のダブルアクションのタイミングなんだけど、そういったシチュエーションが多くなく、マナは土地を多く置く関係で効かないことのほうがおおいか。構えやすさはいいんだけどね。

c0082962_21155494.png

7,5点
大きめのアンブロッカブル。自軍の生物バウンスを要求してくるのでできればCIPなんかを再利用したいところ。まぁ多少のテンポロスを覚悟できるほどにはパワー3アンブロはクロックとして優秀ではある。

c0082962_2116365.png

8点
魚になった《霜のオオヤマネコ》。部族的にはこちらのほうが優秀。素晴らしい。

c0082962_2116108.png

7点
マナレシオは良くないが奇襲ブロックやエンドプレイなど瞬速というキーワード自体が強く、部族補正をインスタントタイミングで機能させることができるのもいいかもしれない。


・アンコモン
c0082962_21162760.png

8点
説明不要の基本的中堅フライヤー。中堅というか登場タイミングによってはフィニッシャーか。
シンプルにして至高。往年の名選手。

c0082962_21163486.png

8点
2ドロー1ディスでも2マナなら悪くないのに、強襲的効果でドローだけにできる時もあるとか素晴らしすぎる。

c0082962_21164193.png

7,5点
装備品、機体サーチできるならこのレシオでも余裕で我慢できる。ただあんまり盤面が遅れているとこれ置いたビハインドのあとに装備品でのテンポロスが重なって一気に押し込まれるような展開も脳裏をよぎるので過信は禁物。

c0082962_21164696.png

7,5点
3マナは割と軽く、出てくるトークンは貧弱だが強化しがいのある呪禁持ちと悪くない性能。

c0082962_21165213.png

7点
この世界にはスピリットトークンがいない。それだけでちょっと評価が下がる。それでもただでさえ強い飛行持ちをバックアップできるというのはうれしいな。ちと過剰気味かもだが。

c0082962_21165816.png

7点
シングルシンボルは構えやすさが段違いだし海賊がいれば2マナとマナリークを超える性能に。いいなこれ。

c0082962_2117586.png

6点
生物を要求する条件がついているせいで露骨な三十点ゲーム製造エンチャだが、4枚という数は割とバカにできない。一体でも殴っていれば誘発するので細いフライヤーでちくちくという状況なら殴るより早く決着ということも。問題はコモンに同系統。つまり研磨カードが全然ないということに尽きる。

c0082962_21171011.png

6,5点
ブリンクでなくセルフバウンスであるので、プレイあとの隙が大きい。2マナ以下回収のボーナスも占術2と直接的なアドでないのも地味。
相手の土地でないパーマネントしか対象に取れないので除去避けには使えないが、テンポゲットと本体狙いには申し分ない性能。序盤から積極的に使うには勿体ないが、そうした場合には占術のおまけつき。

c0082962_21171683.png

7点
強化元として優秀な軽いアンブロ。おまけにマーフォーク展開で強化と殴りに徹する姿勢に好感が持てる。

c0082962_21172129.png

8点
飛行ピンピンがすでに強い。おまけにマナはかかるがすべての単体除去がこいつを掃除してからになるというえぐいおまけまでついている。正気か?

c0082962_21172880.png

7,5点
最短プレイで強襲ボーナスを得るのは難しいだろうが、3、4ターン目でもボーナスありなら悪くない数字。

c0082962_21173336.png

7点
強襲込でなければプレイしたくないが、強襲込なら悪くはない性能。しかしなんかふとましいなこのおばちゃん。

c0082962_21174185.png

9点
驚くほどの突破力。本体の生物部分がほとんど単なるおまけレベルのフィニッシュ性能。にらみ合いしてプレイするだけのゲームになってしまう。《衝撃のマーフォーク》ですらやばかったのにそれをはるかに超える性能。


・レア
c0082962_21175777.png

4点
部族補正がそれなりにある環境なんで全くの無意味ではないものの、レアの枠からでてきたら泣いちゃうレベルではある。この海賊はマーフォークとかいったんだろうかね。

c0082962_2118115.png

7,5点
起動は重いが任意でアンブロになれるし、アタックが通るたびにルーティングできるのでライブラリーを掘り進めて有効牌を積極的に探せるんはいい。無論強化元としても優秀。

c0082962_2118869.png

8点
海賊コントロール前提の点数ではあるけど、相手の生物やらと2つこかして瞬速で現れて3点クロックを刻み始めるというテンポの化身。さすがに強い。けどレア生物としてはサイズがおとなしめか。

c0082962_21181294.png

8,5点
大物を狙おうとすると相応のコストを要求するが、それでも帰化系に取り返されないコントロール奪取はええ。

c0082962_21182086.png

8点
これリヴァイアサンじゃないんだ。ビビる。露骨に三十点ゲームを演出しちゃうけど、立ち位置としてはチャンプブロックに強いフィニッシャーと言えるのかな。

c0082962_21182649.png

7,5点
強襲ボーナスで膨らんだ海賊や探検で膨らんだ人間なんかをアンブロにする人魚。
ポンポンカウンターが乗るような印象がある環境ではないのでそこまでの決定力は感じないが、それでも悪くはない。

c0082962_21183048.png

8,5点
自衛能力も奥義の必殺度もぬるい。+の汎用性もそこまでとあまり有用には見えない。
それでも悪くはないんだろうけどな。

c0082962_21183768.png

7,5点
呪文だけでなく能力にまで働く妨害能力が魅力。自身にも適用されるとは圧巻。
でも若干構築向けだなと感じざるを得ない。

c0082962_21184390.png

7点
プレイできれば強い。見ればわかるだろうけどそうとしかいいようがない。
このできれば、というのは、ライフに余裕があって、プレイの返しで死なないことも条件に含んでるからな。
微妙に相手へのとどめに使える点も、評価上向き。

c0082962_21184755.png

10点
6マナで土地以外全部戻す。しかも相手だけ。許されるのかこれ。

c0082962_21185214.png

6点
効果は強烈だがコストも強烈。これで打ち消して返しのターンにボム設置、というのは絵空事だよ。


青はこんなところ。テンポカードが目を引く半面、海賊の線の細さが気になるところ。
[PR]
by moeru_otoko | 2017-09-18 21:09 | MTG点数表

<< イクサラン点数表その3      イクサラン点数表その1 >>

燃える男の暑苦しい日常
by moeru_otoko
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧