燃える男の道


イクサラン点数表その5

今回は緑。恐竜と人魚の色ですね。
マナレシオに優れる色であり、近年は格闘による除去、戦闘経由のドローにサイドにうれしい《帰化》系呪文と主役も脇役もできる色になっています。
コンバットトリックなんかも得意ですし、呪禁なんかもインスタントで得られるようになってきてますね。

では見ていきましょう。




・コモン
c0082962_21345852.png

7点
でかい。バラバラに引き裂かれそうな名前。コモンの緑の生物はこれくらい雑でもいいんだって。対処できなきゃ結局こういう無骨なバニラにぶっ殺されるのがシールドでもあるしな。

c0082962_7572560.png

7点
特殊な《濃霧》。除去避けを兼ねるがそういう使い方だと3マナは重い。まぁそれでもそこそこ。

c0082962_7572951.png

7,5点
グレイオーガに土地アンタップ。リミテなら次のターンに5マナ到達。悪くないに決まってる。

c0082962_7573227.png

8,5点
コモンのデカ物が最もきついのがチャンプブロックでの時間稼ぎ。こいつはナイスなサイズをもったままトランプルで最大の弱点を克服している。部族もいい。

c0082962_7573536.png

7,5点
序盤なら土地、後半ならデカ物を探せる素晴らしい展開補助。

c0082962_7574095.png

7点
ちと重いが、修正値の大きさにトランプルで無駄なく本体ダメージを稼げる。悪くない。火力避けとかは忘れてもいい。

c0082962_7574174.png

9点
リミテでの飛行持ちは目の上のたんこぶ。エンチャントをにらみつつ厄介なフライヤーを狙える除去が弱いはずない。

c0082962_7574613.png

7,5点
人魚だし4マナ生物と相打てる可能性のある能力は結構いいな。2マナなら十分。

c0082962_7574815.png

7,5点
ダブルシンボルだがパワーが1点多い《大蜘蛛》。弱いと思うか?

c0082962_757525.png

6,5点
2マナで探検をコモンでやるなら悪くないよな。パワーのある壁になってよし、土地を引いてもよし。

c0082962_7575814.png

7点
サイクル中唯一の熊。重いコストではあるが、とどめにからめる能力は魅力。

c0082962_758037.png

7点
単騎でも4マナ3/3呪禁は結構危険。青い2マナオーラで飛ばすだけであっという間に相手を詰められるかも。無論他を強化したっていい。自由とはそういうことだ。

c0082962_758568.png

6,5点
起動は重いが育てる可能性があり、さらに人魚。悪くないじゃん。

c0082962_758911.png

8点
クロックを増進し、さらにマナブーストとかなり危険。

c0082962_7581351.png

8点
インスタントな代わりに2マナになった《捕食》。相手の行動に応じて格闘を挑めるのはいいな。

c0082962_7581845.png

7点
サイズよし、激昂も悪くはない。

c0082962_7582141.png

7,5点
マーフォークがいれば恒久的な修正をかなり自由における。トリックにもなるし、戦線の底上げとしてもいい。

c0082962_7582727.png

7点
コモンならこのサイズは結構脅威だし、追加ブロックもまぁ悪くない。後ろ向きだけどね。

c0082962_7583177.png

7,5点
どっちに転んでも高望みしなくていいマナコストとサイズ。損した感は小さいし、人魚なのもいいな。

・アンコモン
c0082962_7584586.png

6,5点
格闘を活かそうとすると一工夫いるが、相手がタフ1をコントロールしてる場合には無類の強さを発揮する。

c0082962_7585055.png

8点
殴ってよし加速してよしとかなりやばめの性能。

c0082962_7585277.png

6点
重いしソーサリー。強いのはでかいトランプル持ちをコントロールしている時。
あれ、緑ならそんなに珍しくないか。

c0082962_7585521.png

7点
こいつ自身が他の人魚シナジーの条件を満たせるし、人魚以外に島も参照できる範囲の広さも悪くないな。

c0082962_759085.png

6,5点
アンコモンにしては地味。探検は相当危険視されてるんだな。いや2マナならそりゃある程度危険というか便利なんだろうけどさ。あとすっげぇ飛んでそうで飛んでない生物って視認性悪いよ。

c0082962_759437.png

8点
流石にやばいんじゃないか、こんな条件で土地を探しちゃ。サイズもタフよりでいい。

c0082962_759867.png

8,5点
流石に条件付きとはいえこれ1マナはあかん。

c0082962_759928.png

7点
重いがインスタントだしドローはうれしい。帰化系なら割る相手はなんなとある。でもメインは流石に厳しいか。

c0082962_759138.png

8,5点
びっくりブロックでしっかり打ち取って、さらにサイズアップも狙える。結構危険でしょ。

c0082962_7591945.png

9,5点
こいつを維持するだけで勝てそう。全挙動が重いが、しかしえられる対価がえらく大きい。

c0082962_7592230.png

7点
受け身な効果だが除去対策に使えるしドローがあって無駄になりにくい。いい。

c0082962_7592647.png

8点
これ自身と他1体でも対象にできればかなりのパフォーマンス。これ自身すら3マナ2/4というでかさにできる。キレイに1マナ2マナと展開できている時のクロックの上りっぷりは異常。

c0082962_759285.png

8点
緑は探検の最右翼。そしてこれは探検から得られるボーナスがでかすぎ、これ自身が軽すぎる。大丈夫かほんと。


・レア
c0082962_7594349.png

9点
除去に強く、チャンプに強く、打ち消しに強い。緑のフィニッシャーとしての要件をすべて備えている。つまらないくらいに強い。

c0082962_7594611.png

7,5点
適正に調整された軟泥。修正は一時的だし、タイミングも限定されている。でもリミテなら3マナ4/3相応で十分強いか。恐竜だし。

c0082962_7594986.png

6,5点
リミテだと育てようと思うとデッキがかなりいびつになる。まぁ構築向けだわな。でもテンポよく2回も唱えれば基準値以上なわけで弱くはないか。

c0082962_7595289.png

8点
サイズは非常によく、そのサイズを活かして殴り掛かればあとは探検ででかくなってよし土地めくって後続を呼んでよし。さすがに強い。

c0082962_7595639.png

2点
マナレシオは近年にないレベルでいい。しかし3点火力で死ぬ生物をプレイするだけで相手がいきなり土地を1枚伸ばすっていうリスクに対して全然見合っていない。

c0082962_80052.png

9点
それなりに軽くサイズがよく、ブロックされてもドローで手札を補充とやりたい放題。
タフ5が相当に硬く、非常に強力。

c0082962_80573.png

5,5点
軽いし効果自体は強いけど、流石に後ろ向きすぎる。昔みたいにタッパーがコモンに存在したりしないし、そんなに引けないよなぁ。

c0082962_80981.png

8点
流石に回復しすぎ。ペラッカのように、活躍する時間を自分で用意できるデカ物は強いって。

c0082962_801361.png

9点
リミテは土地が並ぶ。土地が並べば強いのがハイドラ系生物。その強いハイドラ系生物をバンバン繰り出せるこいつが弱いと思うか?しかしゼンの生物みたいなことするなこいつ。


緑はこんなところ。生物の平均点が非常に高く、コンバットトリック、格闘とテクニカルなこともできる。素晴らしい。
[PR]
by moeru_otoko | 2017-09-18 21:35 | MTG点数表

<< イクサラン点数表その6      イクサラン点数表その4 >>

燃える男の暑苦しい日常
by moeru_otoko
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧