燃える男の道


カテゴリ:MTG情報( 371 )



ドミナリア点数表その前に。

ドミナリアのフルスポイラーが公開されました。
点数表に先立ってメカニズム紹介をば。

More
[PR]
by moeru_otoko | 2018-04-13 16:53 | MTG情報 | Comments(0)


破滅の刻点数表その前に

みなさんご無沙汰してます燃える男です。
フルスポに気づいたのが今日の昼でかなりペース的にやばいですがとりあえずメカニズムのご紹介。

More
[PR]
by moeru_otoko | 2017-07-03 22:52 | MTG情報 | Comments(0)


カラデシュ点数表その前に

とうとうフルスポイラーが公開されました、カラデシュですが、点数表に先立ちまして、メカニズムのご紹介をば!

More
[PR]
by moeru_otoko | 2016-09-17 22:53 | MTG情報 | Comments(0)


コンスピラシー:王位争奪 注目カード

世間はもうチャンドラの故郷に意識を向けていますが、なんとなしにコンスピの話します。
リミテでいいなと思うカード、構築でいいなと思うカードの二点でお送りします。

More
[PR]
by moeru_otoko | 2016-09-06 14:06 | MTG情報 | Comments(0)


コンスピラシー:王位争奪、注目のカード達、その前に

結局発売まで何かすることも出来ませんでしたが、個人的な注目カードなんかをご紹介。
リミテオンリーというよりは、構築、特にEDH系統を主軸に、あれこれと一部のカードをレビューしていこうかと思います。

まぁいつもどおり、カードの紹介前にメカニズムに触れておきましょう。

・ドラフト能力
コンスピは、ドラフトからの多人数戦推奨ということで、ドラフトラウンドに特別な操作をするカードが多数存在します。
c0082962_10274317.png


こいつは、このカードをピックするまでに、現在のドラフトラウンドでピックしたカードの枚数を記録するという操作を必要とし、実際のプレイでは、この記録された値を参照するタッパーとして機能します。
このように、ドラフトラウンドでの記録がカードの性能を規定するカードが多数存在しますので、これらの怖さを知るプレイヤーは出来る限り早く取りたい、でも早く取ると弱い、という構造的ジレンマが楽しいカードですね。
無論、数を参照するだけでなく、クリーチャータイプなんかを記録するカードも存在しますし、ピックした時に記録するのではなく、後のピックの情報を記録するものも存在します。ゆえに、より複雑なドラフトが実現するでしょう。

・策略
デッキに含まず、統率者領域に置かれた状態でゲームがスタートするカードで、その効果は千差万別。
最初から効果を発揮するものや、任意のタイミングで表にすることで、その瞬間から効果を発揮するもの、特定の色マナを要求するものと、多岐にわたります。
特に、色マナを要求するものは前コンスピとの大きな差異であり、過去の策略は生物偏重、呪文偏重と一応の色の特性らしきものを持っていましたが、今回は明確に、色が合わないから取れない、取った策略があるからこの色に行こうというような選択を迫られる場面が表れます。
こいつはゲームの開始時にカード名を指定する効果、秘策を持つものを含んでおり、特定コモンの塊が、指定でのボーナスを得てデッキ内で輝きを放つ、というようにもデザインされています。

・統治者
権力闘争の策謀渦巻くパリアノでは、誰もが支配者の座を狙っています。
ストーリー上では黒薔薇の異名を持つマルチェッサが王冠を取り、一応の君主として君臨しますが、それも異を唱えるものによって覆されかねない不安定なもの。
その不安定さを表現するのが、刻々移りゆく統治者の座です。
統治者となった場合、単純にこのようなボーナスが存在します。

c0082962_10503316.jpg


ただでドローできるのはおいしいですね、しかし非常に移ろいやすく、また統治者自身が非常に狙われやすくなるという構造でもあります。
また、統治者がゲームに敗北するなどして除外されると、そのターンを進行中のプレイヤーが統治者となります。
それ以外にも、カードの効果によって様々なタイミングでプレイヤーは統治者となり、或いは統治者の位を追われていきます。その統治者であるか否かをチェックするカードが多数存在します。
統治者であればボーナスを得るカード、統治者になったときにボーナスを得るカードなど、様々なものがあり、多人数戦における新たなヘイト値となることでしょう。

・動議
プレイヤーには一票の投票権が与えられ、そして選択を迫られます。

c0082962_110559.png


二択の中から、より相手の不利益になるように、或いは自身の利益になるように。
このカードを例として上げるなら、コントローラーが声高に解放を叫んだとしたら、手札には爆弾が抱え込まれていることが明らかでしょう。では何を選ぶか、既に1枚ボムが投入されることが確定しているとして、手札にもう未知の脅威はないと踏んで解放を選択するか、これ以上の爆弾即投下を恐れて野生を選ぶか、という読み合いが発生するでしょう。
最初に野生を宣言したとしたら、他のプレイヤーは、手札に脅威はないと判断して解放を選択するかもしれません、それを狙って虚偽の申請かもしれませんが。
単純な二択ですが、未知の情報がこれを単なる二択にはさせてくれないところが面白いところ。
また、この票数を、或いは選挙権自身をコントロールするカードもあり、複数の人間とのコミュニケーションを通してゲームが進む、より深い戦略性を持った戦いが実現するでしょう。

・使嗾
次のあなたのターンまで、対象のクリーチャーは各戦闘で可能なら攻撃に参加し、可能ならばあなた以外のプレイヤーを攻撃する、という、戦闘をコントロールする能力です。
多人数ならではといったところで、最終段階、一対一のショウダウンでは単なる攻撃強制でしかありませんが、それまでは色々と興味深い能力ですね。個人的には、得られる効果の割に不快感の高い能力で、安易に連発するとヘイトが上がりすぎてあっという間に袋叩きにあいそう、といったところでしょうか。

・会戦
会戦はクリーチャーの持つ能力で、各戦闘で攻撃したプレイヤーの数分修正を受けるというもの。一人を殴れば一回り、二人を殴れば二周りとターン終了時まで生物が膨らみます。また、複数持つこともでき、その場合はそれぞれ誘発します。
これも効果自体はコンバットで有利が取れますが、最大限活かそうとすると全方位に喧嘩を吹っかけることと同義であり、扱いは慎重に。
タイマンでも修正が入るので、多人数以外でも一応は機能しますし、あまり派手に動いて狙われないよう、上手に立ち回るが、そうでないなら、一気に仕留められる戦力を用意しましょう。このゲーム、袋叩きが一番恐ろしいですからね。

とまあメカニズムについてはこんなところです。実際に触ってみないと効果が分かりにくいものも多く、この記事自体より、カードリストや実カードに触れて、ダイナミズムを感じていただきたいといったところでしょうか。
実際に過去のコンスピよりもジレンマが多いデザインになっているので、複雑さを楽しむ余裕があれば、より面白く、高度なゲームになると思われます。
[PR]
by moeru_otoko | 2016-08-30 11:15 | MTG情報 | Comments(0)


ゲートウォッチの誓い点数表、その前に。

今回も始まりました、点数表の季節です。
点数表本体に先立って、当エキスパンションのシステムについてご紹介。

・無色マナ
今までは不特定のマナを表す(1)と同様に扱われていた無色マナでしたが、今回からは厳密に、無色マナと不特定マナを区別するようになりました。
それと同時に無色マナでしか支払うことのできない呪文や起動コストを持つパーマネントなどが新たにデザインされています。

無色マナのシンボル
c0082962_10211596.jpg


無色マナは、今までは上述の通り、生み出すマナを(1)などと表されていましたが、これからは上のシンボルで表されることになります。
更に、無色マナを生成する基本土地、《荒地》も収録されています。
無色マナを持ちいるカードは強力ですが、有色のカードとの兼ね合いが難しいところです。《荒地》は基本土地タイプ(山とか沼ですね)を持たない基本土地であり、基本土地を参照するサーチ呪文などで探すことができ、能動的に無色マナを活用する機会をプレイヤーにもたらすでしょう。
基本土地ですので、デッキに搭載する枚数には制限がありませんが、リミテッドではパックから引き当てた、或いはドラフトでピックした分しか使うことはできません。
通常のコモンの枠から《荒地》が登場しなければ、活用できないということですね。
まぁこれ以外にも、ゲートウォッチの誓いには無色のマナを生成する土地は幾つか存在しています。また、戦乱のゼンディカーにあったアンコモンの《荒廃した~》サイクルの土地なども、無色を生み出す土地として活用できます。意外と身近に無色は溢れているものです。エクスペディションでの土地にも、それらは見られます。
古く、そして新たな色とも言える無色を使いこなし、新環境を制しましょう。

・盟友
同盟者の持つ能力で、自身と他の同盟者をタップすることで起動することができるというものです。
クリーチャー2体を必要とし、更に効果も些細なものが多いのですが、ターンを跨いで繰り返し起動し続けられるので、小さなアドバンテージを丁寧に重ねることが意外に馬鹿にならないかもしれません。
苦しい状況に耐えながら仲間と協力する同盟者の現状を表したフレイバー重視の能力とも言えるかもしれませんね。

・支援
支援Xという形で表され、最大X体のクリーチャーを対象とし、その上に1つ+1/+1カウンターを置くというものです。これも横のつながりを意識した同盟者らしい能力です。1体に複数置けるわけではないので、一気にサイズアップを図ることは出来ませんが、横に展開するデッキでは恒常的にサイズアップが図れるので、今勝てなくても今後に希望を繋ぐことができる、そういったフレイバーを感じる能力です。

・怒涛
先に呪文が唱えられていると、唱えるコストが軽減される、という能力です。
自身だけでなくチームメイトが唱えていた呪文でも軽減されるため、多人数戦を意識したデザインであるといえます。無論、《煮えたぎる歌》などのマナ加速やファイレクシアマナなどの実質0マナ呪文などとも相性がよく、個人戦でも活躍を期待できます。
また、ボーナスはコスト軽減だけでなく、怒涛コストで支払われたときのみ追加の効果を得られるカードもあります。
瞬間的マナ加速などと絡めない場合には土地を伸ばして強引に撃つなど工夫が必要になりますが、面白く強力なカード群ですね。

欠色を持つクリーチャーや呪文も相変わらず存在します。
唱えたときに誘発する能力、ウラモグの追放能力などですが、その亜種、唱えたときに追加コストを支払うことで誘発する能力を持つものも現れました。
嚥下や昇華は見受けられませんでした。何ででしょうね?枚数が少ないエキスパンションで複数テーマを扱うのが難しいからかな。

最後に、無色マナを生み出せる土地、ゲートウォッチ内の枚数は《荒地》を含めて8枚。
コモンに4枚、残りはレアか神話です。これだけあれば十分運用できる気がしてきますね。
コモンのものも多色にアクセスしつつ無色マナを生み出せるものが用意されているので、有色カードとの共存はかなり意識されているように思われます。いいじゃないか、リミテ楽しそう。

点数表は、次回の更新からで!
[PR]
by moeru_otoko | 2016-01-11 10:50 | MTG情報 | Comments(0)


戦乱のゼンディカー情報その5

なんか色んなソースからぽろぽろ情報が出てる感じですかね?時間がずれつつ小出しに出てきてる。

More
[PR]
by moeru_otoko | 2015-09-17 13:24 | MTG情報 | Comments(0)


戦乱のゼンディカー情報その3

もう始まって結構経ってるけどプレビューウィークですね。
なんか露骨にインスタント除去が少ないですねぇ。
更に気になるのは収斂を持つ呪文は、フルで色マナいれてようやく過去に存在した呪文に並ぶ性能になる実質の弱体化バージョンになっているように思います。
なんだかなぁ。

More
[PR]
by moeru_otoko | 2015-09-11 14:06 | MTG情報 | Comments(0)


戦乱のゼンディカー情報その2

こないだのシアトルの云々でずいぶんと情報出たみたいですね。
画像サイズがガバガバなのは見逃して!

More
[PR]
by moeru_otoko | 2015-08-31 22:01 | MTG情報 | Comments(0)


戦乱のゼンディカー情報その1

今回はちょくちょく更新しよう。

More
[PR]
by moeru_otoko | 2015-08-19 22:14 | MTG情報 | Comments(4)

    

燃える男の暑苦しい日常
by moeru_otoko
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧