燃える男の道


<   2006年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧



すぐ戻るぜ!!

今日の夜から、長い長い帰省の道程が始まると思います。

バイト代を受け取ってからいくので、おそらく日付は変わってしまいますが。

というか、今年もシーズンですので、人体切断列車に足止めされると日付変更どころか駅構内で凍死すら覚悟完了する必要があるわけですがね^^

とりあえず、風雅氏を私が到着するまでに私と同程度の実力に鍛えておいてください>>寿司氏
[PR]
by moeru_otoko | 2006-12-25 15:48 | 日常


全てはこのときのために

年始に地元で集まるときの予定なのですが、ものすごい独断で決めていいものかと思いますが、やはり独断で、カラオケ→飯(焼肉)という流れになりました。

俺カラオケ無理という方もいると思うので、その方は先にいけない人同士連絡を取り合って、スケートやボーリング等のほかのレジャーで、比較的遠くない施設で遊んでいただき、それから折りを見て合流という形にしていただきたいと思います。

飯については、焼肉食えNeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeや、金無いからもっとリーズナブルなところがいいという意見があるなら、私、もしくはVIN氏にお伝えください。

というか、質問、意見等なんでも私かVIN氏にお願いします。
[PR]
by moeru_otoko | 2006-12-22 16:42 | 日常


黒尽くめ

最近奇妙な体験、しかも人生で初の体験をしました。

夜、一人でチャリンコをこいでいたのですが、ふと前方に、ぼんやりとした明かりが目にはいりました。

その光というのは、実は単なる自販機の明かりだったわけですが、その前にたっていた女性(おばさん)がいました。以下甲とします。

甲「ちょ、何?」

私、きょとんとしながらも通り道なので直進。

甲、なにやらしゃべりながら私と同じ方向にダッシュ。私は電話しながら走っているのだと思いながらもやはり直進。

この間、私はかなりちんたら走っていたため、甲との相対速度は0.

甲「ああ、疲れた!!」と叫びながらも加速。疲れたなら、走るのをやめればいいのにと思っていると、こちらを振り返る甲。その顔は、恐怖にゆがんでいました。

なるほど、この女性は、私から逃げるためになにやら口汚く喚きながら走っていたのですね。

その後、甲はその直線が切れる寸前までこちらの様子を伺い、「気持ち悪い」等、あまり言われて気持ちのよくない単語を耳にしながら(気持ちが悪いのはその必死な形相でしたが)、近くにあるマンションの駐車場に逃げ込み、こちらをにらみつけていました。

彼女には私が何に見えていたのでしょうか。

とも思いましたが、
c0082962_1681385.jpg


こんな顔の奴が真っ黒いハーフコートに黒系のカーゴパンツ、黒のマフラーをしていたら、当然の結果なのかもしれませんねwww

後日、お前の後ろに方のに問題があるんじゃね?と知り合いに言われました。

彼にも何が見えているんでしょうか?
[PR]
by moeru_otoko | 2006-12-21 16:11 | 日常


ファイナルズ

結論から言うと、

JR最強最速最高!!
[PR]
by moeru_otoko | 2006-12-21 15:47 | MTG情報


帰還

この間、大阪でPTQいってきました。

フォーマットは腐れシールド。

チェック等に若干手間取りましたが、手元にやってきたカードの束は、異様なカードパワーを誇るレア群と、其れを支える異様に貧弱な低マナ域のカードでした。

まぁ、結果から言うと、土地を二枚しか引かなければ勝てない、ということです。

パックが弱かった寿司氏には勝てましたがwwwwwっうぇっうぇ。

パックが弱い×

パックの黒が弱い○
[PR]
by moeru_otoko | 2006-12-21 15:45 | MTG情報


ありがてぇ!!

最近、人の優しさで生きている燃える男です。

忙しかったりお金なかったりで一日一食で済ませていたら、とんでもなくヤバイ顔色になってたみたいで、皆さんに声をかけていただいてます。

昨日の三限の前に、前年の後期の講義を受け持っていただいたと言うつながりしかないような先生に、少し声をかけていただいたときに、冗談交じりに最近、飯食ってないんすよ、とかいったら、心配させてしまったようで、其の日の放課後に、野菜ジュースをおごっていただいてしまいました。

其の日はなんと、他の人には、うどん、ゆず、ねぎをいただいてしまい、非常に恐縮でした。

ことほど左様に人と人とのつながりの中で、自分は生かされているのだと強く感じています。

本当にありがたいです。

今度は私が、助ける側に回りたいものです。
[PR]
by moeru_otoko | 2006-12-13 03:16 | 日常


ノーコメント。そもそも、今の環境に強いデッキなんて一つもないんですよね。

かの有名な八十岡翔太氏の名言。

彼はバーン使いだそうですが、現環境に強い火力、というか強い組み合わせを見出せず、仕方なしにカウンターでも入れとけってことらしいです。

しかし、彼のバーンへの愛着は、むしゃくしゃしてやった、燃えを萌えを勘違いしていたとチームメイトに揶揄されるほどで、彼の赤のデッキに対する深い洞察には、敬服すべき点すら存在します。

というわけで、赤白のデッキを考察しているのですが、赤と白とは、実は環境に唯一、どちらの色にもマスデスを持っている色の組み合わせなんですよね。

この特性を生かしながら、赤白のバーンにトロンを食えるように優良なランデス呪文を数枚散らしたハイブリットデッキで行こうかと考えています。

ウィニー系には紅蓮地獄、神の怒り。2枚ほど荒廃の巨人を積むと本体への火力の避雷針になってベターですね。
一本釣り系には時間の孤立、余裕があれば信仰の足枷。
トロン関係には石の雨、なだれ乗りでどうにか。

むしろ、赤の火力を控えめに、土地破壊に特化させ、これに大きくて除去されにくいクリーチャーを入れることで、(アクローマ等でしょうか?)低速コントロールにするのも手ですかね。

それか初期の通りにバーン型にしておいて、サイドから土地を変質的なまでに叩き割る構成にしておいてもいいかもしれません。

しかし、ここで問題。
この構成では、どうあがいても、メタの中心から約10mほどの距離にいるため、環境の読み方しだいで会場を埋め尽くさないばかりに増殖する可能性を秘めたデッキに、ドラゴンストームといわれるものが存在します。

キーカードは、名前の通り、ドラゴンの嵐。ライブラリーから直で場に竜を召喚するこの呪文は、9マナの重さも、そのストームという特性からも、どうやって9マナの前に呪文なんざ唱えろっちゅうんじゃ、ということから、以前に登場したときは、見向きもされていないカードの一枚でした。

しかし、時は移り変わり、瞬間マナブーストが赤の特性となった今、9マナを用意する行程がそのままストームを稼ぐことに直結するということになってしまい、一躍トーナメントレベルのカードとなってしまいました。

これは軽量カウンターで序盤を凌ぐために土地破壊でコンボを不発にすることは、土地破壊に特化していないと難しい上に、マナアーティファクトから生成されるマナから走り出されると、どうしようもなくどうしようもありません。

景気良く土地を叩き割っていて、それから出てくるドラゴンをインスタントでどうにかするしか対処法がないのですね、要は。

というか、これ書いてて対処法見つけました。
希望的観測ですが、青マナ溜めてるちょちくちょランドを叩き壊すことだけを考えてランデス打ちまくって、相手が撃ってくる竜の息吹を発光か時間の孤立でやり過ごしてリセットに賭ければ、少しは生き残れそうです。

メインはとにかく孤立、怒りを握りっぱなしで青マナ出るランドを徹底的に破壊。
サイドは発光3積み、氷結地獄を3積みにして、とにかく上記の戦略をより確実にする方向で行きます。

ハンデスが相手(寿司氏)のときは、土下座右衛門モードで。

死を必すれば即ち生く。やべぇ時には死ぬ覚悟、そうすりゃチャンスの出来らぁな!!
[PR]
by moeru_otoko | 2006-12-04 20:47 | MTG情報


あの頃は良かった。

MTGの記事は最近書いていなかったので、久々に。

インヴェイジョンの頃について少々書かせていただこうかと思います。

インヴェイジョンブロックについては、分量が多すぎるので、とりあえず大型エキスパンションであるインヴェイジョン本体についてここに書かせていただこうかなと思います。

まぁ、赤の事くらいしか書く事はないんですが、すいません>>寿司氏

インヴェイジョンブロックは、総じて赤が強い時代だったように思います。

現在同様、多色推奨の環境で、スペッドレッドのようないびつな形ではありますが、赤単色のデッキすらちゃんと存在しました。

というか、他の色にも単色デッキが一つくらいは存在する(青にいたっては三つほど)ようなカードデザインが絶妙な時代だったので、当然なのかも知れませんが。

とは言っても、このブロックで受けた赤の一番の恩恵は間違いなく火炎舌のカヴーなので、インヴェイジョン単体には、異常なまでのパワーカードは、ウルザの激怒とスキジックくらいしか見当たりませんね。

多色にしてみても、赤絡みはドレゴンレジェンドのクローシスやヤヴィマヤの蛮族、シヴのゾンビといった強いには違いないというレヴェルどまりのカードが多いですね。

一応虚空というパワーカードがないではないのですが、それにしても後出の破滅的な行為に取って代わられるという悲運のカードでした。

赤というより、暗黒の儀式擁する黒との絡みで燃え立つ死霊なんかも強力カードの一つでしたね。

緑がらみならヤヴィマヤの火が恐い。
赤緑の一時代を築き上げた良エンチャント。消散持ちとの強力なシナジーがまずい一枚でした。

一応これだけのパワーカードがパッとあげられるにも関わらず、今ひとつ感を感じるのは、偏にこの時代の青の異常さがあげられるのでしょうね。

多種多様なカウンター、というより確定カウンターの枚数が明らかに異常でした。

これからしばらくはちょくちょくオールドエキスパンションについてかいていこうかなと思います。
この一枚を、といじって欲しいカードがもしございましたら、このような稚拙な文章になりますが、書こうかなと思いますので、一声お願いいたします。
[PR]
by moeru_otoko | 2006-12-02 04:57 | MTG情報


バイト、再び

久々のバイトです。

実に一ヶ月ぶりくらいですね。前のシフトから。

まぁ、一度にまとまった時間入るので、それなりにきついですし、それなりにお金がいただけます。

効率はそんなに良くないんですけどね。

そういえば、先日は臨時で、酒屋さんの棚卸のバイトの方にも初参加させていただきました。

これは、自給1kの脅威の効率で、たった三時間でブードラ三回分ほど稼げてしまいます。
即座に使い切ってしまいましたが、これからもこういうのをちょくちょく拾わせていただけるとありがたいですね、何事にも。

話は変わりますが、今日は、バイトの時間を利用させていただいて、課題を進めさせていただいてました。
こういうことができるのが、旅館バイトのいいところかもしれません。
皆様のバイト先では、このようなことは可能でしょうか?(バイト中に課題やブログの更新、果てはMTGの構築戦等々)

試験前にわざとシフトを入れておいて、バイトの緊張感で眠らずに勉強できるかも知れません。
かく言う私も、一睡もせず造形の課題、というよりも、成績の評価に直接繋がる絵本の作成の下書きとpen入れを同時に済ませてしまえて、なんだかホクホクです。

明日のバイトには、一体何を持っていこうかしら?
[PR]
by moeru_otoko | 2006-12-02 04:19 | 日常

    

燃える男の暑苦しい日常
by moeru_otoko
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧